Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
半年前に見たのは、スリランカの予知夢だったのか・・・?
早くも今日は、7月31日(日)。 あっという間に過ぎた7月でした。

・・・・・そういえば、スリランカに行ってから 「お~、あれはやはり
今回の旅の予知夢だったのか?」と思う瞬間が何度もありました。

半年くらい前だったか、朝目が覚める直前に見た夢の光景は・・・
数人で乗った車で、白い砂の坂道を猛スピードで駆け下りていて
前方には、若葉の色も美しい大樹がずっと茂っていて・・・その樹
々の間からブルーの海が見えている・・・・・
・・・・なんという美しい風景だろう・・・!   ・・・というものでした。

これまでにも、どうしても忘れられない美しい風景や音楽の夢が
いくつかありますが・・・
緑の大樹の夢は、前世の記憶か、近未来の予知夢かと不思議に
思っていました。
その時は、スリランカに行くとは予想もしていませんでしたので・・
・・・・・・

実際に行って、その景色の中に身を置いたとき、「・・・やっぱり!
潜在意識は知っていたのか・・・・」と、あらためてびっくりしました。
全く同じ光景というのではないのですが・・・・
白い砂浜、若葉の大樹群、青い海の輝きが・・実現したのでした。
そして数人で乗った車が、躍るように走っていたことも・・・!!!
a0063658_18343510.jpg

思えば・・・・
・私の小学校時代、父がバドミントンのオールジャパンのタイトル
 を持っていて、全日本学生チャンピオンたちと共に東南アジアを
 歴訪しましたが、その時スリランカにも訪れ、当時のおみやげや
 置物は今でも大事な思い出の品となって家にあること
 (セイロン時代 コロンボ、紅茶、宝石、象の置物などの思い出)

・スリランカは自分の仕事(宝石に携わって36年)に縁深い土地

・ライフワークのユーフォロジーでも、縁を感じる(スリランカ出身
 のウィックラマシンゲ博士と池田先生の宇宙対談は、私自身の
 大事な節目となっている)

・宇宙関係で有名なアーサー・C・クラーク博士は現在スリランカ
 在住であること
・・・など、いくつもの縁を感じる次第です。

さあ、これから、一体どのような展開となるのでしょうか・・・(笑)!
楽しみですね・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-31 18:32
その8 スリランカの思い出を胸に、日本に着きました・・・
7月11日(月)
帰りは9時間の旅で、無事に日本に帰ってきました。
成田から羽田へ、そして熊本に・・・・それぞれの自宅へ・・・・
女性陣3名、あわただしくも楽しい忘れられない旅となりました。
(もうひとつ隠れたエピソードが・・・これは今は未公開!です)

もうすぐ成田へ・・・・というときの青空と白い夏雲です・・・・
a0063658_1359252.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2011-07-30 13:59
その7 アレワッタさんご家族のお宅を訪問しました・・・・
7月10日(日)
15年ぐらい前のことだと思います。(詳しくは、また後日に)
増田氏と古川氏が、はじめてスリランカ空港に降り立ったとき、入国手続きが
なかなかスムーズに進まなかったらしいです。
たしか、何十時間も、足止めをされたらしい(スリランカに恩返しに農業指導に
来たという動機がどうにも不可解だったか)です。

その時、長時間解決するまで世話をしてくれたのが、この日、一行を招待して
くださった税関役人のアレワッタ氏だったとのこと。
以来、家族のようなお付き合いをしてこられたそうです。

アレワッタさんのお宅はコロンボからだいぶ郊外に入った緑の中にありました。
ご自分のご家族(奥様、2人の可愛いお嬢さん)とご両親、兄上のご家族たち
を紹介してくださいました。

父上は、素晴らしい仏教学者であられました。(コロンボ大学の博士)
兄上は、税関の高官で、ジュエリーの勉強もした方(!)でした。

今回、私は、スリランカのSGI会館(コロンボ市内)の訪問許可証をいただいて
いきましたが、つまったスケジュールに組み込むことができませんでした。
それを伝えて、5月には、スリランカ・コロンボで、創価学会・東洋哲学研究所と
スリランカ政府共催の『法華経展』が開催されたを話したところ、アレワッタ氏が
「その展示会があったことを知っていますよ」と言ってくださいました。

それと共に、父上が「私どもの国では小乗仏教、日本には大乗仏教が伝わり
ました。その違いはありますが、大きく仏教と他の宗教を考えたとき、広い視野
からとらえて枠をつくらない宗教として、仏教はすばらしい哲学だと思います」
と話されました。
「まことに、そのとおりだと思います」と、私も、感動の思いを申し上げました。

ご家族お心尽くしの昼食をたのしく美味しくいただいて・・・・
庭の緑とそよ風と鳥の鳴き声に囲まれて・・・・歓談のひととき・・・・・
アレワッタさんの愛犬ドリーが、こちらに来たがっています・・・
a0063658_13201760.jpg

a0063658_13241842.jpg

a0063658_13253533.jpg

a0063658_13266100.jpg

a0063658_13273038.jpg

ご家族と再会を約し、お別れした後、仏教寺院を訪ねました。
この日は、1年でもとても大切な釈迦の記念日とのことで、全国からの人々が
集ってきていました。私たちも、裸足になって、おごそかな気持ちで歩きました。
アレワッタさんが説明して下さる中で、私も「ブッダガヤ」や「シッダルタ」の言葉
を出しましたら、たいへん喜んでくださいました!
a0063658_13231967.jpg

一日中お世話になったアレワッタさん、ホテルに送ってくださいました・・・・
a0063658_13505762.jpg

本当に、楽しい一日を、アレワッタさん、ご家族皆さま、ありがとうございました!!
このあとは、荷物の整理といろいろの打ち合わせに追われて過ごし・・・
夜の11時頃立つ飛行機に合わせて、ホテルを出発。

後に残る男性陣とジャヤコリ―大佐に見送っていただきながら・・・・
いよいよ帰国の旅に・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-30 13:35
その6 ジャングルの只中に工場はあったのでした・・・・
もうひとつの工場見学のあと・・・・(これも画像は掲載を控えます)
ゲストハウスで楽しい時間をすごしました。
この日お世話になったスタッフの方たちと・・・・
a0063658_22363134.jpg

このあと、いったい無事にたどり着くのだろうか~と思うほど、長時間
緑の狭い山坂を登りました・・・・
車の取っ手をつかんでも体が弾み続けるゴロゴロ道・・・・
狭い山道、落ちれば間違いなくあの世行き・・・・
ひえ~
 ひえ~
  ひえ~   ・・・・・・やっと、着きました・・・・
周りはまさにジャングル!
a0063658_2252123.jpg

a0063658_23254553.jpg

工場の前庭には、可愛いウサギたちがいましたよ!
a0063658_22461998.jpg

(このあとの工場の見学画像は控えます)
見学後のホッとした時、記念写真を・・・・
a0063658_2312620.jpg

a0063658_23125492.jpg

この日一番感動した場面・・・・
それは、紅茶になる緑の茶葉を運んでくる若者たちの姿でした・・・
a0063658_238447.jpg

a0063658_23105399.jpg

a0063658_2304748.jpg

夕暮れの中をコロンボ目指して出発・・・・・
とっぷりと暮れた村と町をまたひた走り・・・・・
皆、こっくりこっくり・・・・・
ここで休憩して食事をしていこうと、降りたところは・・・・・
なんと、ゴォ~ッという音に、あれ、スコールか?と思えば・・・・波の音!
目の前に波が打ち寄せている海岸にある店だったのです!
・・・なんという美しい夜景・・・おぼろな月光に・・・ドーン・・・ドーンと寄せる銀波・・・
食事がくるまえに、波の寄せる(引き潮でしたので)砂に下りて行きました。
橋本裕子さんと「すてきね~・・・」と語らっていると、ザブーンと大きな波が足もとに!
ひや~   靴に波がかぶってしましました。
でも、これもスリランカの海を肌で味わった実感があっていいではないか、と(笑)・・・

最高に楽しい一日でしたよ・・・・
続く・・・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-27 23:03
その5 ジャングルの山上にある紅茶工場を見学しました・・・
7月9日(土)
早朝に起き、朝日の中を出発。
波の打ち寄せる海岸沿いをひた走り・・・・・・・・
a0063658_2275823.jpg

a0063658_2213697.jpg
a0063658_2215346.jpg

だんだんと高地に登って・・・・ 最初の工場見学(工場内の映像は掲載を控えます)
a0063658_22213847.jpg
a0063658_22225985.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2011-07-27 22:00
その4 スリランカの最も強い印象・・・それは緑の豊かさ美しさ!
スリランカを駆けまわった1週間で、一番心に残った印象・・・・
それは、緑の豊かさ、美しさ・・・・です!
これは7月7日(木) 日本大使館の前で 橋本裕子さんと
a0063658_21132810.jpg

a0063658_21153929.jpg

7月8日(金) サリンダ大臣の執務室で
a0063658_21212498.jpg

アーユルヴェーダの癒しの体験をフルコースで味わいました・・・
a0063658_21332888.jpg

鳥たちの声が耳に心地よく響き・・・咲き乱れる花の楽園で・・・・  
a0063658_2131395.jpg

目の前には大きなトカゲが泳いであいさつに来てくれた湖が・・・・・
眼下には青い水をたたえた美しいプールが・・・・
非日常の別世界を味わいましたよ・・・・・

この日の夜は、招待をいただいてコロンボ最高のホテルで、豪華なディナーを・・・・
食前酒を味わうフロアには、弦楽四重奏の生演奏が流れていました・・・・
(画像は掲載を今のところ控えます)

・・・・この夜は夜中の1時ころにホテルに帰り、なんと翌朝、4時起き6時出発で!
ジャングルの中の紅茶工場見学に・・・・すごいスケジュールではありませんか?!
たすけてくれ~という感じ(笑)です。      続く・・・・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-25 21:26
その3 スリランカ旅行の画像を少しずつアップしましょう。 
メモリーカードの画像消失事件(14日)から早くも10日たちました。
ベスト電器修理コーナーで、いつもお世話になっている秋田さんが
教えてくださったデータのレスキュー専門会社(株くまなんピーシー
ネット)に駆け込み、大事な画像の多くを救っていただきました!
ほんとうに、感謝です・・・・。
残すことのできた画像ほかをDVDとCDに保存できました。
その後、写真のハマヤで焼いていただきアルバムが完成しました。
・・・・ほんとうに、ほっとしました。

CDからパソコンに取り込んだ画像をみると、不思議なのですが・・・
すべての写真をちゃんと見ることができます。
でも、これを印刷しようとすると、消失画像がいくつかあるのです。
ま、自分のパソコンでは、全部見れるので、よしとしましょう!

ブログ用の大きさにまだ調整できていないので、画面が大きすぎる
のですが、とりあえず、少しずつお目にかけましょう・・・・
(今の時点ではブログに出せない画像もありますので・・・)

まず、1週間のスケジュールを追いかけながら・・・・
7月3日(日) 女性陣3名で熊本発
7月4日(月) 成田からスリランカ航空で 12時間かかりました
         コロンボ空港には、先発隊の男性陣、増田氏と古川氏、そして
         スリランカでの彼らの護衛と交流を一手に受けてくださっている
         ジャヤコリー大佐が出迎えてくださいました
7月5日(火) スリランカ屈指の紅茶会社訪問 (画像は控えます)
         その他の会社訪問
         地元宝石商たちがホテルに持参した石の買い付け体験
         サリンダ大臣を迎えてのひととき(前の記事に写真掲載)
車の中から見る風景
a0063658_202964.jpg

a0063658_20331342.jpg

7月6日(水) アーユルヴェーダのドクター達からお話を聞く
a0063658_2048376.jpg

 このあと、いくつものアーユルヴェーダの食品製造会社 訪問見学
夕方ホテルに向かう 目の前に輝く海が・・・・・
a0063658_2059131.jpg


       
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-25 20:27
その2 旅行の画像全てが消えた!という怖ろしい事件が解決しました(泣笑)
スリランカでの貴重なひとこまひとこまが収まっているメモリーカード。
14日にようやくベスト電器に行き、絶対に失敗できな画像メモリーの
保存手順を教えてもらって家に帰り、試みていると・・・ゾゾッ・・・
・・・・・全部消えてしまいました(泣)

電器店に走り込み、見てもらいましたが、画像は出てきません・・・・・
最後の頼みの綱は、いつもお世話になっている電器店で教えて頂いた
データ復活専門の会社。

印刷して下さった地図を頼りに・・・・やっと夕方に、たどりつきました・・・
おろおろする私に、スタッフの方たちが親切に対応してくださいました。

15日「無料診断」から「特急診断」に切り替えて、その結果、データが
損傷はあるものの復活可能とのことで、早速お願いし、翌16日夕方に
復活データをいただいてきました。

この間のショックと心配と安堵は、何ともいえないものでした。
何しろ、ひとこまひとこまが、どれも欠かせない思い出と記念の場面。
しかも、参加者の今後の活動に役に立てて頂きたい内容だったのです。

190枚近い画像のうち30枚ほどは、消えたりかすんでだめでしたが、
残りは、幸い復活しました(画面の半分が右左にずれておかしな感じ
のものがいくつかありますが・・・)
一番大事な記念写真(紅茶会社訪問・大臣との記念写真・当地ならで
はの風景など)は無事でしたので、胸をなでおろしました(嬉)!!

スリランカに留まり遅れて帰国するメンバーに、記念写真をメール添付
で送るため念を入れすぎてかえって手間取ることになりました。
いつものように、自分のブログ用画像にして送っておけばよかった・・・
と悔やまれました。
・・・が、いずれにしても、データ保存について学んだ機会でした。

ということで、すぐにも旅の画像をブログにアップしたいところですが、
今日は大学の冊子の原稿を駆けこみで仕上げ、パイロットクラブ例会
の資料を作成するのに追い詰められています(泣)ので、今少し時間
をいただきます・・・・・・・・   どうか、お許しください!

とりあえず1枚だけ、本日(20日・午前1時30分)はアップしました。
中央の方は、サリンダ大臣です。(詳細は近日に・・・・)
a0063658_1344573.jpg

ブログ用に編集できたサイズでなく大きいままなので、アップに時間が
かかります。適当なサイズを用意してあらためて全開いたしましょう!
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-19 12:50
その1 憧れの国・スリランカへの旅から、帰ってきました!! 
2週間以上も、記事更新を失礼しました。
じつはこの間、不思議な展開で、宝石の国・スリランカに旅をしておりました。
これから急ぎの用件がありますので、それを終えましたら、あらためて旅の
報告をお伝えさせていただきます・・・・  どうぞ、ご期待ください!!
[PR]
by sarah-gem | 2011-07-13 13:53