Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
未曾有の災害、でもこれをきっかけに、日本は変わっていけるかも・・・・・!!
感動します・・・・!
TVでもラジオでも、大震災の被害状況を知らせると共に、全国のさまざまな人々が
被災地を応援するために、次々に始めた心温まる支援活動を、伝えています。

ことに、ソーシャルネットワーク(フェイスブックやトゥィッタ―など)を活用して20代・
30代の方たちが、目覚ましい活動を始めてくれています。
幼い子供たちから年配の方々も、日々の暮らしの中で現地に思いを馳せて、自分に
できる何かを探しながら、胸の熱くなる応援をしてくださっています。

今回の大震災はまことに辛い経験ですが、これをきっかけに本当に日本は変わって
行けるかもしれない、いや、変わっていける・・・・!と、深い感動を覚えます・・・・
a0063658_211697.jpg

あとは、国のリーダーの立場にいる政治家、マスコミに登場する学者たち医者たちが
真剣に真実を学び、それを国民・世界に発信し、本当の指揮を執れるようなレベルに、
自発的に支援を始めた国民に対して恥ずかしくない姿に変われば、良いのです。

今もNHKで、高レベル放射能について、御用学者が低レベル解説をしています・・・
マスコミ登場の学者・医者は「ウソで国民を盲目にする役目」を担っているようです。
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-29 21:09
原発の真実を知りたい方、この情報もご覧ください。
UFO STATION の 掲示板に入ってください。
「ご参考までに」のスレッドを用意してくださった芝原さんが
貴重な情報を転載してくださいました。
芝原さんが薦めておられる「田中優氏の講演動画」および
「小出氏の講演動画」を、ぜひご覧ください。
これを知ったうえで、皆さま、具体策を立てて下さいませ!

加えて、これは風評・・・と判断されてもかまいませんが・・・
やはりUFO STATIONに知らせのあった情報の一つで
す。
先日の東北関東大震災を予告した人物からの情報ですが
近日、東京直下型地震の起きる可能性が高いそうです・・・
起きないことを願います。同時に準備もお願いいたします。
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-27 23:10
「原子力発電所の真実」を、多くの人に知ってほしいと思います・・・
今回の東北関東大震災がきっかけとなって、地震と津波による想像を絶する
被害とともに、原子力発電所(原発)の問題が大きく浮かび上がってきました。

連日、政治家・原発の会社・医者・学者たちがマスコミに登場して、それぞれ
の立場から、現状の説明や報告をくり返しています。
聴く側の者は、不安が薄められたり、また、新しく湧いてくる疑問に、果たして
この説明をそのまま信じてよいものか・・・・との思いをくり返しているでしょう。

私自身は、17才の時、アダムスキーの『空飛ぶ円盤同乗記』を読んで以来、
原子をもてあそぶが如く核開発に狂う人類の未来を、心配し続けてきました。
a0063658_22171277.jpg

最近、『原発がどんなものか知ってほしい』という平井憲夫氏(1997年没)の
貴重な真実の声を知る機会に恵まれました。
この方は「私は原発反対運動家ではありません。20年間、原子力発電所の
現場で働いてきた者です。・・・・・」ではじまる誠実な告発をして下さいました。

この記事を書いている横で、テレビでは、原発近辺住民に出された避難指示
のついて次々に報道しています。
この方たちは、今日まで、どれほど危険な所に住んでいるか、絶えず被曝を
受けてきた事実を知らないでいるのです。

関心ある方は、UFO STATIONの掲示板に入って、「ご参考までに」という
スレッドにある、さかな(ハンドルネーム)さんがコメントとして出してくださった
平井憲夫氏の全文を読んでみてください。

「原発がある限り、世界に本当の平和はこないのですから。
優しい地球 残そう子どもたちに」 この言葉で、平井氏は結んでおられます。

著者 平井憲夫氏について
1997年1月 逝去
1級プラント配管技能士
原発事故調査国民会議顧問
原発被曝労働者救済センター代表
北陸電力能登(現・滋賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人
東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人
福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人

「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖となっています。
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-23 22:17
阿蘇白水郷美術館・絵画「桃太郎と遊ぶ」と「昼下がりの抒情」ライブに行って きました!
竹田尚子さんからのお誘いをいただき、同窓会メンバーにもお送りしたご案内状。
2011・3・15(火)~4・24(日) 阿蘇白水郷美術館にて
菊本 光江 展 『桃太郎と遊ぶ』    菊本さんは竹田尚子さんのいとこさん
a0063658_18261025.jpg

今日21日(月・祝)から毎日曜日は、
春の『昼下がりの抒情』と絵画展のジョイントライブが開催されることに・・・ 
   歌唱 竹田尚子さん       世界の抒情歌 歌い手
   朗読 森永浩子さん       朗読を楽しむ元アナウンサー
   呈茶 村上実枝子さん     和菓子作りが大好きな茶人

熊本県立大学同窓会・サロン・ド・シオン部会に重ねて、お訪ねしました。
軽い小雨と霧の中を走り、阿蘇白水郷美術館に着きました。
(今回、素敵なエントランスや外観を撮りそこねました)

「ロビーで 館長の松藤陽子さん(右)とスタッフの方が出迎えてくださいました」 
a0063658_1943496.jpg

「『桃太郎と遊ぶ』の作家 菊本光江さん(左)とご友人」 ・・・何という明るい美しい色使い!
a0063658_1962991.jpg

ライブ『昼下がりの抒情』のはじまり
歌唱 竹田尚子さん「アメイジング・グレース」「ダニー・ボーイ」「マンマ」
         「火の国旅情」「阿蘇の恋歌」「さくら」 ・・・のびやかな歌声に聞き惚れて・・・   
a0063658_1974488.jpg
a0063658_1981198.jpg

「さくら」の歌を皆で・・・・
a0063658_1944261.jpg

サロン・ド・シオンから応援にご参加・・・・・戸次元子さんほか
a0063658_1982493.jpg

朗読 森永浩子さん「桃太郎」 ラフカディオ・ハーン「怪談・むじな」  惹き込まれました・・・ 
a0063658_198395.jpg

呈茶のお世話をくださった村上実枝子さん  皆で美味しいお茶をいただきました・・・   
a0063658_199045.jpg

ティールームに移って・・・・それは気持ちのいいロケ―ションでした!
a0063658_1945311.jpg

お茶とお菓子をサーブしてくださった皆さま・・・
a0063658_19462788.jpg

記念にご一緒の一枚が撮れました・・・・!  嬉しい再会と出会いがまたひとつ・・・
a0063658_19472679.jpg

この絵画展のお買い上げと訪問者のお茶代は、東北関東大震災への応援となる
そうです!

はじめてお訪ねした「阿蘇白水郷美術館」。
館長・松藤陽子さんは、数年前にご自身の大好きな「赤毛のアン」展覧会を開催
されたのですが、私はお訪ねしそこねたのでした(父の介護などに忙殺されて)。
おみやげにいただいた「グリーンゲイブルスの風景(吉村和敏氏撮影)」です・・・・
a0063658_2014723.jpg

「赤毛のアン」・・・・・ 多くの人にとって永遠の「腹心の友」ですね・・・・!
松藤陽子さん、菊本光江さん、ライブ出演の皆さま、サロン・ド・シオンメンバーの
皆さま、こころ洗われるひとときを、ほんとうにありがとうございました!
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-21 19:26
「熊本南パイロットクラブ」3月例会に参加しました・・・(八代市・麦島公民館)
2011.3.16(水)
母をデイケアに送り出したあと、猫7匹のエサを用意し、諸々の書類をかき集めて、
車に飛び乗り、一路八代の麦島公民館を目指して走りました。
スムーズに着き、ホッ・・・
ちょうど会議が始まったところにすべり込みました(笑)。

チャプレンの「祈りのことば」は今回の地震被災者の方々への追悼・共感で始まり
ました。
2月例会議事録の確認、3月の活動報告、4月福岡で開催のコンベンション参加に
ついて・・・など、会議は進みます。
5月に予定されていた熊本パイロットクラブ(姉クラブ)との合同例会「船出浮き」は
地震災害のこともかんがみ、秋に延期となりそうです。

会議終了後、メンバーの誕生日を祝って花束の贈呈を!
a0063658_22007.jpg
a0063658_2201026.jpg
a0063658_2202019.jpg

姉クラブの支援と指導をいただき熊本南パイロットクラブが発足して、いつの間にか
早15年が経とうとしています・・・・・・
八代市を中心に遠方の芦北、不知火、宮原から、私は熊本市から(片道1時間半)
通いました。年に数回しか参加できないこともありましたが。
思えば、実に充実した辛抱強い活動を継続してきたものです・・・・・
15年の間にはメンバーの入れ替わりもありました。
その方がたも含めての友情と信頼の絆は、何物にも代えがたいと感じる作今です!

日本全国にクラブメンバーがおられます。(PIインタナショナル・日本ディストリクト)
今回の大地震の被害地の方々は皆様ご無事との確認が出来たとのこと、本当に!
良かったです!!
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-17 22:16
可愛くおしゃれな〝ケリー・ポッケ″を購入させていただきました!
先日、アブストラクティヴ・キルト作家 小島洋子さんが訪ねてくださいました。
a0063658_1726531.jpg

かねてから楽しみにしていた小島さんオリジナルの作品〝ケリー・ポッケ″・・・
数多い色合いの作品から、この日は私の好きな色合いの二つを求めました。
a0063658_17272468.jpg

携帯電話を入れると、ちょうどピッタリの大きさです。
めがねや他の小物入れにも便利ですね!
これをバッグの手にかけて使うと、とてもおしゃれだし、便利です。
a0063658_1729249.jpg

小島洋子さんの類まれなセンスが生かされた作品のひとつ・・・・・
手にとった方は、その繊細でち密な創作と、絶妙の色合わせに、感嘆される
ことでしょう・・・・・
貴方の好みにピッタリのものが、小島さんの作品の中にきっとありますよ!!

*キルト作家・小島洋子の店
   ケリーズハート Japan  
      860-0077 熊本市内坪井町9-46 電話 096・351・7517
               http://www.kellysheart.com
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-17 17:40
あまりにもひどい地震の大惨事・・・現地の方々はいかばかりでしょうか?!
昨日はパソコンのセキュリティが切れそうで保全に走り、急ぎの手紙や
写真の焼き付けなどで時間が過ぎ、テレビをつけたのは夕方でした。

!!!!
あまりの大惨事に・・・・
現地の方々のお心はいかばかりでしょうか・・・・!?
ふと気になって東京のこどもに電話するけれど繋がりません。
数時間後に連絡が取れてようやく安心しました。
昨年までいたビルの8階の窓ガラスは全部割れた、自分の部屋の本も
すべて棚から落ちたと言っていました。
東北からずいぶん離れている東京でそうですから・・・・

今日も朝から同窓会の用事で外出、夕方帰ってニュースを見ています。
これほどまでの自然の破壊が・・・・とうとう日本に起きてしまった・・・・・
復興にはどれほどの時間と気力が必要とされるか、気が遠くなります。

ある人は地震の直前に予知ニュースをもらったとのこと、しかもこれが
今後全国に拡大していくという知らせも・・・・・
これが全国に広がらないようにと、願います!
[PR]
by sarah-gem | 2011-03-12 21:42