Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
第3期 ひご野菜セミナリオ セミナリオ―Ⅰ(於熊本県立大)に参加しました。
2011・2・26(土) 於熊本県立大 および 現地見学
「食・農・eco くらし・マイレージalliance」 の主催でおこなわれた
 第3期 ひご野菜セミナリオ セミナリオ―Ⅰ
      ほんのりピンク色の肌 芋の芽見学会に参加しました!

午後13:30~ セミナリオ―Ⅰ ひご野菜講座 
    熊本県立大学 松添教授 (環境共生学部・植物資源学研究室)
    「食と農と環境教育 ~ひご野菜に期待すること~ 」
a0063658_12595463.jpg

集まった学習者たちに、松添先生は、いくつものスライド画面を見せつつ
実に分かりやすく楽しい講義をしてくださいました。
料理には素人の私も、思わずほぉ~引き込まれて(笑)集中しました・・・・

日本人は野菜料理をよく食べていると思っていたのですが、実は韓国には
大きく離され、アメリカにも劣るという現状に・・・・びっくり!しました。
「ひご野菜」を、もっと知って、ちゃんと食べていこうと遅ればせの決意に!

講義のあと、芋の芽圃場(菊陽町矢野農園)へ移動して・・・・・
    「芋の芽見学・試食会」
矢野様ご一家あげての学習会・試食会 「芋の芽」栽培について新発見学習!
農業高校の生徒さんたちや、管理栄養士として活躍の戸次元子さんのお姿も・・・・
a0063658_1383036.jpg

「この美味しい芋の芽をたくさんの人に食べてもらいたい!とのお心に・・・感動!」
a0063658_1384864.jpg

「ほんのりピンク色の芋の芽を、なんと皆におみやげに掘り出してくださいました!」
a0063658_139654.jpg

4月を思わせるほどの陽気のなかで、最高に楽しい学習会でした・・・・・

主催のメンバーの方々(園田敬子さん・北さん)には、県立大サロン・ド・シオンの
環境学習会を「環境ネットワークくまもと事務局」で開かせていただいた時講師を
お願いし、たいへんお世話になってきました。
県立大の松添先生方との交流が、さらに深まっておられることに大感動しました!

松添先生、園田さん、北さん、矢野農園のご一家皆様、ありがとうございました!!
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-27 13:30
映画 『スラムドッグ・ミリオネア』 に大感動! それは『運命』だった・・・・
「ミリオネアへの挑戦・・・いよいよ最後の問題の解答・・・息づまる一瞬・・・・」
a0063658_16820100.jpg

ム―ビ―プラスで 『スラムドッグ・ミリオネア』 をみました!
主人公ジャマールの恋人ラティカへのただただ一途な思いが、あらゆる障害を
越えて、奇跡としかいえないミリオネアへの道を開きました・・・・・・
a0063658_1685089.jpg
a0063658_169980.jpg
a0063658_1692068.jpg
a0063658_169449.jpg

インド中の人々がこの一瞬を待ち、喜びに沸き立ちました。
a0063658_1610090.jpg

スラムで育ち、ギャングに追われ、離れ離れになったジャマールと兄とラティカ。

『奇跡』・・・・・それはすべて『運命だった…・』
運命を引き寄せたのは、ジャマールの汚れない思いでした。
そして、ギャング界に身をおく兄の、命を捨てての償いの心でもありました。
a0063658_16101494.jpg

インドのいまだ厳しい社会での物語ですが、見る者にこの上ない力を与えてくれ
る名画だと思いました・・・・!
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-25 16:10
出かける前の服装チェックを、痛感!(泣笑)しました!
最近、友人や友人のご家族の通夜や葬儀に参列することが続きました。
そのなかで体験した「服装ヒヤリ・ハット事件」を、ひとつお伝えします。

午後1時からのお葬式に、いつもすべり込みの私が、めずらしく早めに
用意ができて、車に乗りました。
エンジンかけてスタートしようとして、!!忘れ物を取りにもどりました。
玄関を開けるとき、ふと見ると黒いストッキングの後ろ側に凄いランが!

ひゃ~!忘れ物して戻ってよかった~と別のものを履き替えていると
・・・・プツンと背中にいや~な感触が・・・・・
!たまたまのこの時に、喪服ワンピースの背中ボタン糸が切れた・・・!
ひや~!ストッキングから今度は針と糸探しに・・・・・見つかりません!

針箱に黒糸はあるけれど針が・・・やっとあったけど針穴が小さくて X
「落ち着いて・・・落ち着いて・・・・」と自らに言い聞かせながら(泣)つい
に大きな刺繍針のようなものに通して形だけ縫い止めて、着ました。

走り出て車に・・・・電話で聞いていた斎場に見当つけて出発!簡単な
はずのコースなのに念を入れるつもりで、かえって分かりにくい方向に
行ってしまい、コンビニに飛び込んで道をおしえてもらいようやく到着。

12時に家を出てから、諸々の難を乗り越えつつ、幸い遅れずに済みま
した。これがいつものすべり込みペースだったらと思うとゾゾ~ッ・・・・・
これからは、時間と共に、事前の服装チェックを心がけます(泣笑)。

昨日から、とっても暖かくなってきましたね!
そろそろ冬も終わりでしょうか・・・・・
a0063658_19181097.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2011-02-22 19:15
「熊本南パイロットクラブ・2月例会」に参加しました。
日付けは前後しましたが、2011・2・16(水)八代市にて
しばらくぶりに「熊本南パイロットクラブ・2月例会」に参加できました。
ひときわ寒い日々の中に、この日は珍しく暖かい日で、片道1時間30分の道のりは
たいへん楽でスイスイでした。
この日の会場はこれまでに寄付もさせていただいた「ワークショップ八代・田んなか」
会議前に隣に立つ「田んなか」でアツアツのごぼう天うどんセットを食べて元気づけ!

会議終了後、祝誕生のお花(橋本裕子さん「フラワーメイ」の手づくり)を手に写真を!
a0063658_19153882.jpg
a0063658_19154780.jpg

解散まえに、以前寄付させていただいた車のまえで・・・・・・
a0063658_19155849.jpg

メンバーの皆さま、お疲れさまでございました!

終了後、橋本裕子さんと一緒に、スリランカ農業指導者・増田氏と合流。
40回以上も、親友と2人、ボランティアでスリランカへ農業指導に通い、
スリランカの行政に深い信頼を積み上げてこられました。
今後のプランを聞かせていただき、期待に胸はずむ思いで帰路につきました・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-20 19:17
友人・小島惟夫氏(白川中学校同窓・熊電総業)の追悼会に参加しました・・・・
2011・2・19(土)
白川中学校の卒業50周年同窓会が行われたのは昨年10月でした。
その時にはまだまだお元気だった友人・小島惟夫さん(株式会社熊電総業創設)
とのあまりにも早すぎるお別れでした。(田中葬祭にて)
こどもの頃から大好きだった「無線」を一筋に追求して、生涯の仕事とされました。
小島さんの明るさと、誰にたいしても面倒見の良いその人柄は、ご家族は勿論、
たくさんの友人たちの心にいつまでも残り続けることでしょう。

小島さんの人生にふさわしい、ご本人も大好きな「赤いバラ」を参列した皆で献花
させていただきました・・・・・
「小島さんが好きだったワインが、参列者たちへの記念の品となりました・・・・」
ご家族の手づくりのワインレッテル 在りし日の笑顔は小島さんそのもの!・・・・
a0063658_18481256.jpg
a0063658_1848212.jpg

長年、白川中学校同窓会・熊本高校同窓会・熊本九州を代表する企業主として
また地元熊本を元気づけるリーダーとして大活躍の生涯を送られました。

私自身にとっても、小島さんは、UFOのことでたいへんお世話になった方でした。
1990年、ひとつ前の記事の竹田尚子さん(当時黒髪の女性センター副館長)の
お薦めで、「おしゃべりサロン・UFOからのメッセージ」というミニ・シンポジウムを
催した時、快くコーディネーターを引き受けていただいたのでした。
小島さんのリードで、このシンポジウムは大成功に終わることができ、今も、深く
感謝しております。

どうぞ、小島惟夫さん、安らかに・・・そして、こちらの私どもを見守ってくださいね。
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-20 18:55
たま出版の『宇宙人はなぜ地球に来たのか』韮沢潤一郎著が届きました。
2011・2・15日発刊(たま出版)の『宇宙人はなぜ地球に来たのか』韮沢潤一郎著が
数日前ようやく宅急便で届きました。雑事を片づけたあと、集中して一気に読みました。
a0063658_17414690.jpg

期待にたがわず、さまざまの視点からまとめられた、たいへん分かりやすい内容でした。
「UFOルネッサンス」を呼びかけるにふさわしく、歴史を振り返りつつ新しい視野を広げて
くれる新刊です。
ぜひ、皆さま、お手にとって読み、購入されることをお薦めします!
*好評ですぐに売り切れになり、増刷されているようです。 定価1200円+税
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-20 17:46
銘酒 『旭櫻』 の初蔵出しが開催されました。
2月11日(金)に、銘酒『旭櫻』の初蔵出しが川尻公会堂にて開催されました。
幻の銘酒が復刻を遂げてから、早くも8年目を迎えたのです!
主催  「旭櫻を楽しむ会」の会長・下田敏理様
     「旭櫻三代目」・竹田博紀様
酒造  瑞鷹(ずいよう)株式会社
今回は母の用事で参加できませずたいへん残念に思いつつ、お誘いのお礼と
お詫びのFax.を送りしました。
その後竹田尚子さん(旭櫻三代目の妹さん)から『旭櫻』無ろ過生原酒をお届け
いただき、感激しております。
a0063658_17321255.jpg
a0063658_17322468.jpg

来年の初蔵出しには、何としても参加させていただきたいと思っています。
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-20 17:35
伝説のブルー・ダイアモンド「ホープ」の特別番組を見られましたか?
先日NHK・BSTVで「伝説のブルー・ダイアモンド・ホープ」の番組がありました。
うっかり見逃すところ、直前に番組表で気づき、良かったーとチャンネルを・・・・
見ながらいくつか画像を撮りましたので、ご紹介しましょう。
a0063658_19372794.jpg

・謎1  ホープダイアの色はなぜ青いのか?
    ・ ダイアモンドの成分は炭素ですが、炭素以外の物質(元素)が入り込む
      ことで色に違いが出て(窒素ー黄・緑など)きます。
比類ない美しいブルーダイアモンド「ホープ」の色の秘密を解明しようとさまざまに
追究されました。
a0063658_19375650.jpg

    ・ 通常のダイアモンド鑑定・鑑別のとき、かならず紫外線テストを行います。
ホープダイアモンドは、紫外線を受けて強烈な赤に輝き、燐光(紫外線を消した後
に残る残光)が1分30秒も続きました・・・・
a0063658_1938876.jpg
a0063658_19382564.jpg

あまりの大きさのため、2年間の準備をして実験装置を作り、原子・電子レベルの
実験検査をくり返し、僅かに入り込んだホウ素によりこの「青」が誕生したと判明!

謎2 ホープダイアモンドの持つ歴史
    ・ HDのルーツは歴史の中でフランス王室から消えた「フレンチブルー」で
      あったことは間違いない。
「フレンチブルー  フランス王室が100年余り所有し窃盗団に盗まれ、時効の年
            20年後にロンドンの宝石店に姿を現した)
a0063658_2072094.jpg

    ・ 「フレンチブルー」から再カットされて、「ホープ」の誕生となった・・・・
      これにより、FBの最大の魅力(星型の輝き)は失せてしまったのです。

ここで「カット」について少々。
ダイアモンドの評価は「カラット(重さ)」「クラリティ(透明性)」「カラー(色)」「カット
(プロポーション)」の4点で決まりますが、なかでも重要なのが「カット」です。
次に、カットの違いで、ダイアモンドに当たった光の進み具合にどのような違いが
生じるか、お目にかけましょう。・・・・・・これが、輝くDの秘密です!
a0063658_20243623.jpg

・左  理想的な形にカットされたダイアモンド(全ての光が内部で反射してもどる)
・右  理想からはずれたプロポーションのDと光の進み具合(光が漏れてしまう)

謎3 「呪いの石」という伝説
    ・ 持ち主の多くが次々に不幸な死を遂げた・・・・という伝説は、最終的には
      HDの歴史をドラマティックに演出するための作り話だったことが判明!
カルティエがマクリ―ン夫人に売る直前に作りだした「呪いの石」の伝説だった・・・・・
a0063658_1752979.jpg

最終的に宝石商ハリー・ウィンストンに買い取られた「ホープダイアモンド」は、その
価値を数100万ドル以上と知っていた彼によってスミソニアン博物館に寄贈されま
そた。
それも、普通の郵便で送ったというのは・・・・・まことに見事な!ことですね。
現在は新しいデザインをほどこされ、上から下のようなネックレスに変わっています。
a0063658_1711434.jpg
a0063658_17115985.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2011-02-18 19:34
「猫のしっぽ カエルの手」のベネシアさんが布団の素敵な再生を・・・・
先日TV番組「猫のしっぽ カエルの手」で、長野県に住む英国女性ベネシアさんが
大切にしていた古い布団を蘇らせた素敵な場面を見て、とてもいいなと思いました。
ベネシアさんは古くなった布団を持って達人を訪ねました。
a0063658_1214429.jpg

綿の打ち直し、布団の柄などを相談します・・・・
a0063658_1215852.jpg

古くて固くなった綿はいくつもの行程をへて・・・
a0063658_1221319.jpg

こんなに新しくふわふわに蘇りました!
a0063658_1222541.jpg

達人の奥様の手で、布団の綿入れがはじまり・・・・
a0063658_1224968.jpg
a0063658_123865.jpg

見事に、心地よい眠りに誘ってくれる布団となりました・・・・・
a0063658_1234173.jpg

これを見て、自宅の押し入れに長年眠っている布団を思い出しました。
最近、布団打ち直しの電話をよく頂いているので、我が家もやろうと決意しました!
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-18 11:45
『潮』3月号シリーズ企画「識者が語る池田SGI会長」に戸次元子さん記事掲載。
『潮』3月号
今月号には、シリーズ企画 『識者が語る池田SGI会長』の記事に
熊本在住の素晴らしい女性がお二人、登場されました。
そのお一人が戸次元子さんです。

熊本学園大学顧問・管理栄養士として、「食を通しての幸福」に献身
の日々を送っておられます。
現在熊本県立大学の同窓会(紫苑会)副会長でもあられます。

『潮』3月号
a0063658_1417712.jpg

「シリーズ企画・識者が語る池田SGI会長」
a0063658_14182879.jpg

「平和を希求する大きな心・戸次元子さん」
戸次さんはご自身の専門「食」を通しての視点から、かつて池田SGI会長が
熊本にくださった指針の一つ「教養ある食生活」を引いて、深く明快に語って
下さっています。
また、食をはじめとして日本の文化・歴史の多くが中国を親としており、その
中国から100を越える名誉学術称号を受けていることは、文化の親を大切
に対話と交流を真心から続けてきた実りであると評価しておられます。
a0063658_14185787.jpg
a0063658_1419950.jpg

さらに、若いころからさまざまの苦労を経験し乗り越えてきた池田SGI会長
であるから、皆の心をわかるし、多くの人々が指導者として尊敬してやまな
いということが理解できます。
日本のマスコミに本当のことが少しも報道されないのはなぜでしょうか?と
結んでくださっておりました。

*同時掲載の識者
「池田会長の哲学こそ現代世界に必要な価値」 ケビン・クレメンツ 戸田記念国際平和
                                          研究所総合所長
「碩学トインビーとの縦横無尽の対話に感嘆」 角山 榮      和歌山大学名誉教授
「師弟を貫く峻厳な姿」    松藤陽子               阿蘇白水郷美術館館長

3月号の内容は、後刻詳しく載せさせていただきます。
熊本日日新聞(8日)には詳しい目次紹介が載っております。
どうぞ、ご覧くださいませ!

*戸次元子さんの活躍のお姿は、このブログにもお伝えしております。
 2010  9月 大和町丸山ハイランドのチャリティ―コンサート
 2010 10月 阿蘇南小国 満願寺窯北川八郎先生ご夫妻訪問
 2010 11月 紫苑会60周年記念・細川藩熊本の味レシピ集の準備 など!
[PR]
by sarah-gem | 2011-02-14 14:46