Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
待望の発刊! 「牧口常三郎の思想」 斎藤正二著 第三文明社から
待望の名著が発刊されました。
「牧口常三郎の思想」 斎藤正二著 第三文明社   定価 1600円+税

「牧口常三郎の思想」    
    「創価教育」80年記念出版
      50年にわたる牧口研究の成果を集大成。
      “創価教育学”の思想的源泉にせまる。
a0063658_20274880.jpg

配送の箱を開けて、手に取ったこの本を、一気に読みました。
膨大な知識と探求の情熱と品格とユーモアに満ちています。
随所で涙を拭きつつ、また思わず吹き出しつつ・・・・
真の名著とは、このような本のことをいうのだ・・・・・と、つくづく感じました。

初出一覧(ポイントのみ)
第一部   創価教育学の基礎理念

第二部   創価教育学の知的源泉 
            ヘルバルト実在論 キルヒネル教育学 デュルケム社会学

第三部   牧口常三郎研究ノート  寄稿記事・講演記録から
         第一章  「人生地理学」と「創価教育学体系」とを繋ぐもの
         第二章  二育 vs. 三育という問題
         第三章  真理と価値との二元論をめぐって
         第四章  カント哲学との関わり
         第五章  牧口平和思想の背景にあるもの
         雑纂    牧口全著作コレクション 顛末記
                牧口常三郎研究は第三段階に入った
            
著者紹介 斎藤正二
1925年、東京生まれ。東京大学文学部卒業。教育学博士。雑誌「日本短歌」
(日本短歌社)編集長、「現代日本詩人全集」(東京創元社)編集長、雑誌「短歌」
(角川書店)編集長を務める。日本大学講師、国学院大学講師、二松学舎大学
教授、東京電気大学教授、創価大学教授を歴任。創価大学名誉教授。

主要著作
『戦後の短歌』(社会思想社)1966
『「やまとだましい」の文化史」(講談社)1972
『日本人と植物・動物』(雪花社)1975
『花の思想史』(ぎょうせい)1977
『日本的自然観の研究』(全2巻、八坂書房、1978)
『日本人とサクラ』(講談社 1980)
『若き牧口常三郎』(第三文明社 1981)
『世界子どもの歴史Ⅰ・先史時代』(第一法規 1985)
『日本的自然観の変化過程』(東京電機大学出版局 1985)
『古事記の物語』(八坂書房 1989)
『斎藤正二著作選集』(全7巻 八坂書房 2001-06)

翻訳等
アポリネール『キュビズムの画家たち』(緑地社)
カンディンスキー『現代芸術の精神』(昭森社)
ロジャーズ『大学教育の理念』(緑地社)
マーク・トゥェイン『ハックルべり・フィンの冒険』『トム・ソーヤーの冒険』(角川書店)
ベドゥアン『仮面の民俗学』(白水社)
スゥィフト『ガリヴァー旅行記』(角川書店)
『バイロン詩集』(角川書店)
『ランボー全集』(共訳 雪花社)
『日本を知る辞典』(共編 社会思想社)
アラン『芸術に関する一〇一章』(平凡社)
『フランクリン自伝』(講談社)
ディケンズ『二都物語』(学研)
ハーン『怪談』(講談社)
エリアーデ『ザルモクシスからジンギスカンへ』(せりか書房)
モース『日本人の住まい』(共訳 八坂書房)
『ラフカディオ・ハーン著作集』(共編 恒文社)
『牧口常三郎全集』(共編 第三文明社)
DVD 『学問と情熱 33 牧口常三郎』(監修 紀伊国屋書店) 

レオナルド・ダ・ヴィンチを思わせる「知の巨人」として、世に知られる斎藤正二氏。
これほどの人物が、生涯かけて取り組んだ「牧口常三郎研究」。
この本を読んでから、教育・子どもの幸福・平和を語って下さいとお薦めします!
 
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-29 21:17
夜空に、「月と木星」が輝いていました・・・・・
2010.8.26(木)
昨夜の深夜(笑)、見上げると・・・・・
雨のあがった大空に、「月と木星」が輝いていました・・・・
a0063658_8262663.jpg

タマちゃんと一緒に見ました・・・・・

*はじめ、月と金星・・・と思って記事を書きました。
  あとから、 あれ?この真夜中の時間に金星はこの位置じゃないのでは?
  と思い、USで尋ねたところ、ハリー・古山さんが「この時間なら、木星だ」
  とおしえてくださいました。
  思えば、金星は宵の明星、明けの明星ですから、ありえない(笑)ですね。
  いつも「金星」のことが気になっているとはいえ、オロカ(笑)でした・・・・・・
 
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-26 08:27
涼しい雨に、救われました・・・・・
2010・8.25(水)
酷暑の昼が過ぎて・・・・夕方になって、弱い雨ですが、静かに降り続けてくれました。
雷も鳴りましたが、遠くでゴロゴロ・・・・という位で・・・・

前の日シルバーセンターから草刈りに来て下さって、家の周りはずいぶんさっぱり
していました。
きれいになった空地にも、我が家の庭にも、雨がしみこんでいきました。
吸う空気も、涼しくて・・・・・  救われました!

小雨の中、灯りが燈り始めた子飼橋です・・・・・・・
a0063658_8215174.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2010-08-26 08:21
チリの落盤事故から17日目、33名全員が無事だとわかった・・・!!!
ニュースで知りました。

何という嬉しいことでしょう・・・・・・

南米チリの落盤事故から17日目、絶望かと思われていた昨日
地上から700メートルもの下にあるシェルターに、33名全員が
無事に避難していたことが判明したと!

何度も試みた地下へのボーリング・・・・・・
もう1回と降ろしたボーリング・・・  引き上げた先端に・・・・!
シェルターに全員無事で生存しているというメモがついていた!
地上の家族、捜査隊、国民たち、どれほどの喜びだったことか。
奇跡の展開に、何とも言えない感激です。

全員が地上に戻るには、慎重に穴を掘るため、数ヵ月はかかる
そうですが・・・・・一日も早く・・・と願います。

そして、無事に生還が叶ったときには、奇跡のストーリーを是非
聞きたいと思います。
今、毎日、世界中に不穏なニュースがいっぱいですが、チリの
このニュースで、どれほど人々は勇気づけられることでしょう!
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-25 00:19
日タイ色石教育プログラムのセミナー(福岡会場)に参加しました。
2010.8.20(金) 
楽しみにしていた「日タイ色石教育プログラム・セミナー」に参加しました。

福岡会場 キャナルシティ内  グランドハイアット福岡 
主催    日タイ色石教育プログラム実行委員会
       社団法人日本ジュエリー協会
       日本色石プロモーションコミッティ

午前9時30分受付開始に間に合う、早めのJRが2つあり、より早い方に
幸い飛び乗ることができました(笑)。
博多駅から近いグランドハイアット福岡は、素敵な会場でした。
主催者の方々が丁寧に迎えてくださり、受け付けを済ませて受講席へ。

社団法人日本ジュエリー協会・理事 川口 哲生氏
タイ国政府貿易センター福岡・所長  Mrs.Meena.Rattavisit
のご挨拶のあと、セミナーが始まりました。
a0063658_20562444.jpg

a0063658_2112993.jpg

第1部  基調講演「カラーストーンの将来性」  山室 一幸 氏
第2部  カラーコーディネートセミナー      信海 茉美 氏
    美味しいランチをはさんで
第3部  セールススキルセミナー         上村 逍  氏

どの講師のお話も、たいへん素晴らしい内容でした!

これまで私自身も、いろいろの美しいカラーストーンをお客様におとどけ
してまいりましたが、この日セミナーを受けてあららめて、どれほど自分
が素晴らしい仕事にたずさわっていることか・・・・と、感動したことでした。

セミナー終了後、講師の先生に今後のご指導をお願いし、また、受講者
の方と思いがけない嬉しい出会いもあり、参加してよかったーと感激・・・

一段とお客様によろこんでいただけるよう努めていこう・・・・・と、セミナー
でいただいた思いを胸に、帰りのJRに向かいました。
駅の改札口に着くと、「もうすぐ出ますよ!」「何番ホームですか―?!」
と階段を駆け上りすべり込むと同時に発車(笑) ナイスタイミングでした。

「色石(カラーストーン)のセミナー」をタイムリーに催して下さった主催者
の皆さま、講師の先生方、ほんとうにありがとうございました!!
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-22 21:12
美容室 GROW'(グロウ)をお訪ねしました!(2010・2・2新装オープン)
2010.2月 4月 6月の記事 とあわせてご覧ください。

しばらくぶりに、美容室 GROW'(成長するの意)をお訪ねしました。
今年2月2日に新装オープンと同時に、母上から引き継いでご子息
の茂里(もり)先生が、新オーナーとなられました。
2010.2月 武者修行を経て、いよいよ店を継がれることに・・・・!
a0063658_20144268.jpg
a0063658_20121227.jpg

a0063658_20153149.jpg


2010.8月19日(木)
半年の間に、一段と頼もしくなられて・・・
お客様からの予約の電話が、いくつも入っていましたよ。
a0063658_20401053.jpg
a0063658_20403040.jpg

オシャレに仕上がったところを、撮っていただきました!
a0063658_20404216.jpg

腕よし、人柄よし、そしてGROW'(成長)・・・ 3拍子揃っておられます!
皆さま、どうぞ、GROW'にお出かけください!
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-22 20:30
猛暑・豪雨・雷・・・・・ブレイカーやコンセントにも気をつけて! 
今日の熊本の午後、にわかに空が暗くなったと思うと・・・
ド―ッという音で大雨と風が吹きつけてきました!

豪雨と雷、稲妻が、1時間ほども切れ間なく続きました。
猫たちも、心配そうに廊下から窓を見あげています・・・・

空模様があやしいと思った時、万が一の用心のために、
ブレイカーの大元を落とした後、家中の家電のコンセント
を外して駆けまわりました(笑)。
電話、ファックス、冷蔵庫、クーラー、テレビ、パソコン・・・

先日ニュースで、ブレイカーを落としただけでは不十分、
今の家電はIT関連のものを多用していることで、以前の
ものより雷に対して弱くなっていると言っていました。

我が家も、以前、電話を2度、ファックスを1度、雷でだめ
にしました(泣)・・・!

外しながら、なんとたくさんの器具で電力を消費している
ことかと痛感。
ちょうどいい機会なので、すぐ使わないものは、待機電気
も勿体ないので、コンセントを外しておくことにしました。

いざ、雷!という時も、安全ですし、使う時にコンセントを
入れればすむことですから。
冷蔵庫以外は、徹底的に外そうと、決意したのでした!
a0063658_21381613.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2010-08-18 21:38
ブラジル、UFO目撃情報データベース化へ、市民も閲覧可能!
2010.8.13に、天宮 清氏から、お知らせをいただきました。
素晴らしいニュースです!

ブラジル、UFO目撃情報データベース化へ 市民も閲覧可能
2010年8月12日 11:07 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

8月12日 AFP
ブラジル政府は10日、未確認飛行物体(UFO)の目撃情報を
軍に報告することを要請する9日付けの政令を発令した。

政令は、「UFOを目撃した軍用機と民間機のパイロットおよび航空
管制官は、写真や動画などの証拠物件とともに、ブラジリア(Brasilia)
の航空宇宙防衛司令部へ報告すること」とある。

証拠物件は、リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)州にある空軍の
歴史文書保管施設に保管され、地球外生物の研究者や興味のある
一般人が自由に閲覧できるようにするという。

軍のある航空管制官は、地元の新聞「O Dia」に対し、「過去には、
大臣や大統領からの目撃談も寄せられている」と語った。(c)AFP

・・・・・・なんと、わくわくする!ニュースではありませんか?!
皆さま、「時」が来ているのです・・・・・・・

「ブラジルからの、水晶・・・・」
a0063658_12584086.jpg

「ブラジルからの、幸福を呼ぶ鳥・・・・」
a0063658_1312924.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2010-08-14 12:58
正多面体の超パワーが凝縮されているもの、それは宝石・・・・!
ひさしぶりに、『正多面体の超パワー』(著者 造形研究家・秋山 清氏)を
取り出して、じっくりと読みなおしました。
あらためて、小さな宝石に秘められた宇宙大のパワーに感動します・・・・・

「正多面体の超パワー」 宇宙と生命の謎を解くキ―を発見!
a0063658_1544080.jpg

この本は、ずっと前に、ある文化団体の皆さまに宝石のパワーについての話を
させていただいた時、いくつか参考に求めた本の一冊でした。
絶版で出版社にただ1冊残っていたものを、ゆずっていただいたのでした。
素晴らしい内容に感銘を受けました。

その後しばらくして、東京でアダムスキー50周年大会(ジョージ・アダムスキー
が金星人に会いUFOに同乗してから50年目)があることをインターネットで知り
参加しました。
会場に入った途端、目の前に立っている方のお顔に見覚えが・・・
・・・・胸のプレートを見ると「秋山 清」のお名前!
嬉しくて思わず、「秋山さん?!」と。

思いがけない出会いが実現!、以来さまざまにお世話になっています。

「特別に入手できた正多面体カットの水晶・・・」ピントが合ってなくて・・・・
a0063658_1316025.jpg


秋山さんは、絶版になった本をさらに深めて、2冊の本を著しておられます。
上段    正多面体の超パワー   廣済堂 絶版
         
左下    神の図形           コスモトゥーワン 2004年4月
右下    謎の古代図形        コスモトゥーワン 2006年7月 新装増補版
a0063658_2115256.jpg

生命と宇宙の根源的な謎を解く二つの比率 「大和比」と「黄金比」・・・・
ピラミッド、法隆寺、金閣寺、ミロのビーナス、ダイヤモンドに秘められた真実・・・・

私自身、仕事の宝石学(ジェモロジー)で宝石の結晶系を学んでいたことと、
ライフワークのUFO(ユーフォロジー)で古代からの遺跡・パワースポットに
関心があったことから、地球そのものが大きな多面体だと感じていましたが、
これを見事に理論づけしてもらった著書でした!

宝石のミクロの世界も、地球、さらにはマクロの宇宙の惑星群も、すべては
多面体の法則によってつらぬかれている・・・・それゆえに、ひときわ物質が
純粋に凝縮されている宝石には、超自然のパワーが秘められている・・・・・・

次回は、もうすこし詳しく、お伝えをいたしましょう!
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-14 02:53
「蓮の花」のシンクロニシティ・・・・・・!
2010.8.11(水)
朝から、長崎あたりを通過する台風の影響で、曇り空に涼しい風・・・・
母はデイケアに。
家事をしながら・・・「今日こそは、NHKに電話を・・・・」と。

5月に来熊したイライザ・ミーカ―さんに折りヅルをおしえた米国の母上。
その母上に折りヅルをおしえた親戚の女性は、かつて日本に暮らした方。
蓮の花にちなんだお名前だったとのこと。
こういうことがきっかけで、イライザさんは大学卒業後日本へ来ることに。

・・・ここまでは、知っていましたが。
この5月に「かつてNHKのラジオで、その女性をとりあげたドラマが放送
された」とのこと・・・・を、イライザさんが伝えてくれました。

そのドラマのことを、NHKに確かめたかったのでした。
・・・・いくつか調べてくださったのですが、すこし時間がかかりそうです。

そのやりとりをしている最中に、父の葬儀でお世話になった「自然庵」さん
が、訪ねてこられました。
初盆を迎える我が家に、届けて下さったのはなんと「蓮の花」でした・・!!

あまりの偶然に、「自然庵」さんにお礼を申し上げると共に、イライザさんや
母上の写真をお見せし、「蓮の花の名前の女性とその一族を描いたドラマ」
を問い合わせているまさにその時にいらしてくださった偶然(=必然?!)を
お伝えしました。

不思議な嬉しい「蓮の花」のシンクロニシティ・・・・・・
ありがたいこの出来事に感激のあまり、お写真を撮らせていただきました。
「自然庵」さん、ほんとうに!ありがとうございました。
a0063658_18526.jpg
a0063658_185148.jpg

我が家にとっても、イライザさんにとっても、この上なく嬉しいことでした・・・・・
ちょうどこれからお盆にかけて、蓮の花が開くとのことで、たのしみです・・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2010-08-11 18:06