Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
「リデル・ライト・ホーム」に、小笠原嘉祐先生をお訪ねしました。
2009・8・18(火)
午後、黒髪の「リデル・ライト・ホーム」(明治時代、日本国が打ち捨てて顧みなかった
ハンセン病の患者たちを、生涯かけて守り育んだ英国女性、ハンナ・リデルと、その姪
エダ・ライトにより創設された施設を記念して現在も運営されている特養ホーム)に、
理事長の小笠原先生(ピネル記念病院院長・熊本日英協会理事)をお訪ねしました。

こどもは、以前お訪ねしてから、もう5年以上経っているのではないでしょうか・・・・
幸い、この日は火曜日だったので、黒髪のホームにいらしておられたのでした。
牧師であられた御祖父様は、リデルとライト両女史と深いご縁があられ、それを継いで
小笠原先生は、長年、この両女史記念のホームと記念館を守ってこられました。

(この「リデル・ライト・ホーム」と小笠原先生のことは、また日をあらためて詳しくお伝え
したいと思います)

この日、ホームは、あと一週間で仕上がる大改築の工事のさなか、そのお忙しいなか
小笠原先生は、画期的なホーム改築の内容を案内して見せてくださいました。
福祉の国、デンマークを何度も訪れながらの思索と計画実行であられたそうです!
この秋には、デンマークと連携してのシンポジウムを開催されるとのこと、楽しみです。

「お忙しいなかに、お時間を取っていただいた小笠原先生と・・・」
a0063658_23181377.jpg

a0063658_23183339.jpg

小笠原先生、ほんとうに、ありがとうございました。

このあと、こどもは、一週間の帰省を終えて、東京に戻っていきました・・・・・。
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-23 23:24
なつかしい下薗良一先生(カイロプラクティックの名医)をお訪ねしました・・・・・・
2009・8・18(火)
清水町打越に、下薗良一先生(カイロプラクティックの名医)をお訪ねしました。
こどもが、高校進学の直前からお世話になっている方で、スポーツ選手たちの
整体でも抜群の信頼を得ておられます。
先生にときどき整えていただくおかげで、こどもも、健康を維持出来ております。

久しぶりにお会いでき、近況をご報告することができました。
「先生のご自宅の緑あふれるお庭で・・・・」
a0063658_22434210.jpg
a0063658_2244118.jpg

下薗先生、今後とも、どうかよろしくお願いいたします。
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-23 22:46
タイムリーに「月下美人」が咲きました・・・・・・・
2009・8・16(日)~17(月)

タイムリーに、「月下美人」が咲きました・・・・!

夕方の、つぼみ・・・
玄関の横に一輪
a0063658_20393994.jpg

庭に2輪
a0063658_20404216.jpg

夜の9時頃から、ぽっと開きはじめます・・・・・
a0063658_20423212.jpg

a0063658_20425553.jpg

「開くにつれて、なんとも言えない高貴な香りがあたりに漂います・・・・」
a0063658_20451577.jpg
a0063658_20455417.jpg
a0063658_2046914.jpg
a0063658_20463664.jpg

「夜中の2時くらい・・・・・このあたりが全開。
庭から玄関から、むせるような香りが入ってきます・・・・・
数年に一度、それもたった一夜だけの開花・・・・・まことに神秘の月下美人です」
明け方を迎えると同時に、花を閉じていきます・・・・・
a0063658_20432891.jpg

a0063658_22272626.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2009-08-23 20:47
小椋住宅の社長さんが、「新しいメダカ」を持ってきてくださいました!
しばらく前の記事に、「最後の一匹のメダカ」を、大雨で流して死なせてしまった
ことを載せました。

8月16日(日)
夏らしい午前の日差しのなか、何と、思いもかけず有難いことに、小椋住宅の
小椋清市社長さんが、「新しいメダカたち」を持ってきてくださいました!
ちょうど数日前に、ヨロヨロしつつ雨水タンクを大掃除して、きれいになっていた
ところに来てくださったので、「あー、いいタイミングで良かったー」と思いました。

「元気なメダカたちがスイスイ泳いでいました!
小椋社長さんが、卵を産んだ時の世話について、くわしくおしえて下さいました」
a0063658_2074091.jpg
a0063658_2075181.jpg

「卵をいっぱい抱えたメダカがたくさんいます!
産んだ卵と親魚は、別々にわけて育てるのだそうです。
でないと、産んだ親が、うまれた子どもをエサと間違えて食べてしまうのだそうです」
a0063658_208398.jpg
a0063658_2081762.jpg

小椋社長さん、4年前にいただいたメダカの最後の一匹をなくして、がっかりして
いたところでした。
ほんとうに、ありがとうございました。
ちょうど、帰省中のこどももお会いできて、よろこんでおりました。

今日(23日)、別のガラスビンに分けていた卵から、15匹くらいの赤ちゃんメダカ
がかえっているのを発見しました!
ちいさな、ちいさな透明なからだに大きな目がテンテンと見えます(笑)!
あとは、早く大雨が降ってほしいですね。
たっぷりの自然の雨を味あわせてやりたいですね・・・・・・!
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-23 20:21
「株・八代ブレハブ」の社長ご夫妻が、お訪ねくださいました!
2009・8・15(土)
SMI学習会やパイロットクラブなど、いろいろの場面でお世話になり、楽しい交流が
続いてきた満岡ご夫妻が、ちょうど近くを通りましたからと、お訪ねくださいました!

満岡ご夫妻は、長年八代市で「株・八代プレハブ」を経営され、その明るく親しみや
すいお人柄と、何事も情熱で取り組まれるお心に、多くの人が励まされてきました。
いつもお会いできなくとも、ご夫妻のことを思うと、元気がでて、私も頑張らなくちゃー
と思うのです・・・・

「今日は、黒髪でレストランをやっている娘夫妻の店を訪ねて、その帰りです」、との
こと。
熊本大学のすぐ近くで「パラ・ディソ」(パラダイス・天国の意味)という、イタリアンの
お店だそうです!
ご存知の方も多いでしょうね。
ぜひ、近く、お訪ねしたい!と思っています。

近況をお互いに報告しつつ、夕方近くなり、心残りでしたが再会を約してお別れを・・・
「白川を背景に、ご夫妻の記念の写真を・・・・」
a0063658_19512841.jpg
a0063658_19514275.jpg

お忙しい時間に、お訪ね下さり、ほんとうにありがとうございました!!
出来るだけ早く、私もまた八代にでかけたいと思います。
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-23 19:53
お盆に、久しぶりに、こどもが帰郷しました。
お盆に、久しぶりに、こどもが帰郷しました。
8月盆に帰るのは、高校卒業以来ではないでしょうか・・・・!
13日昼帰郷で18日夜に帰京しましたが、あわただしくも充実の一週間を過ごしました。

前半は中学校時代の恩師の先生方にご挨拶に出かけて行きました。
熊本大学付属中学校でお世話になった先生方・・・・素晴らしい思い出でいっぱいです。
時の経つのは早いもので、卒業して20年目になるのですね・・・・

思えば、当時の先生方は、今のこどもと殆ど同じ年齢でいらっしゃったのです・・・!?
何という指導力と生徒に対する愛情に満ち満ちた先生方だったことか・・・・・
ほんとうに、感謝しきれません。

先生方は、それぞれ時を経て、熊大付中の校長先生を終えられ、またはご勤務中です。
変わらず若々しく、教育の現場でご活躍のお姿に、こどもも深く感動しておりました。

*先生方とご一緒の写真がありませんので残念ですが・・・・

休暇中で、写真を撮れた記事は、このあと別に掲載をいたします。
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-23 17:41
今、NHKテレビで「核兵器」問題の討論会があっています・・・
今日は終戦記念日。
今、NHKテレビで「核兵器」問題の討論会があっています。

4月のオバマ大統領の核兵器の廃絶を目指す宣言によって、長年軍産複合体に
牛耳られてきたアメリカに、ようやく方向転換の兆しがみえてきました。
これをきっかけに、日本でも本格的に「核兵器について」の討論が交わされる場面
が増えてきました。

外出していた家族が帰ってきましたので、この続きはまたのちほど・・・・・・・ 

・・・と言いながら、ブログの再開は、何と申し訳なくも8月23日(日)になってしまい
ました! 「核廃絶のテーマ」は大きいので、また機会をあらためます。
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-15 20:02
「写真のハマヤ子飼店」に、たいへんお世話になりました。
2009・8・8(土)
デジタルカメラの画像を、早く写真にして皆様にお渡ししたい・・・・と思いつつ、
長い方では数年もお待たせしていました(泣)。

できれば自分で写真にして・・・と新しく買いかえたパソコンに合わせて買った
印刷器は、残念ながら複合機で、画像を鮮明に出すには今ひとつとわかって
がっかりもしていました(泣)。

ようやく、遂に、やはりプロフェッショナルにおまかせをと悟り、でかけました。
行ってみると、以前にお願いしていた写真店があいにくお休み、がっくり・・・で
帰って電話帳でみると、幸い、子飼商店街に写真店がみつかりました。
行ってみると、お世話になっている先輩ともご縁の深い写真店とわかりました。

親切なご主人とスタッフの方のおかげで、たくさんの写真が出来上がりました。
1枚1枚の映像の美しさに「素晴らしい技術を持っておられるなー」と感動です!
a0063658_1652121.jpg
a0063658_16521417.jpg

おかげさまで、ようやく皆様にお写真をお送りできるようになりました(嬉)!

そしてまた、ようやく、3月5日にお撮りした「万ごろう子飼橋店」最終日の写真
を、お渡しできるように作っていただきました(嬉)。
(2009・3・5の記事と合わせてご覧ください)

「写真のハマヤのご主人が丁寧に仕上げてくださいました・・・・」
a0063658_16592792.jpg

a0063658_1711353.jpg

このあと、商店街内すぐ近くの「万ごろう本店」にお届けすることができました・・・

夕方、さまざまにほっとした嬉しい気持ちで、小雨のなかを帰りました。
すると、もうひとつ嬉しいことが・・・・・
子飼交差点で信号を待っていると、あるご婦人が傘をさしかけて下さいました。
立っている少しの間でも濡れないようにとの有難いお心に、本当に感謝でした!
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-09 17:11
広島原爆投下の日に、アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」に新たな誓いを・・・・
2009・8・6(木)
今日は、広島に原爆が投下されてから64年目です。

今、NHK番組「核は大地に刻まれていた」で、旧ソ連の核実験が行われた村に、
また、死の灰をかぶった風下の村に、その後、大量の人々が被爆者症状を呈し、
現在も多くの住民が苦しみ続けている現実を伝えていました。

世界で繰り返されている核実験と被害者は、今も増え続けています。
その核兵器を作り続けてきたアメリカ。その工場で働いた人々、周りの住民にも
放射能による被爆症状の厳しい生活が続いています。
アメリカも、オバマ大統領によって、いよいよ「核廃絶」への方向転換しはじめた
ようです。

明日、午後7時30分からは、やはりNHK「ノーモア ヒバクシャ」の番組が放映。
真剣に見たいものです。

今日、高校2年生の時以来、自身の「道しるべ」でもあるジョージ・アダムスキーの
「空飛ぶ円盤同乗記」を手に取り、あらためて「核廃絶」への行動を誓ったのでした。

『空飛ぶ円盤同乗記』 昭和34年10月5日 四版発行
      著者 ジョージ・アダムスキー  訳者 久保田八郎   発行所 高文社
  ボロボロになっているので、カバーをかけてゴムでしばっています(笑)
a0063658_2358244.jpg

 ジョージ・アダムスキーが乗ったUFO この後宇宙の大先輩との会見となった(1953年)
a0063658_23585267.jpg

「序」の末尾でデスモンド・レスリーが述べた言葉
  絶大な困難を克服して、アダムスキは羨むべき文明の内容を伝えてくれた。
 それは、私たちの子孫を真に幸福にする文明である。将来、後継者たちが、
 燦然たる星空を駆け廻って天空の音楽を聴くか、それとも恐怖に充ちた世界
 の洞穴の中に座り込んで、放射能の汚染した土を引っ掻きながら辛うじて
 生きのびるか、これは一体誰がきめるのだろう。

  私たちが決めるのだ!決定権は私たち現代人にある。究極の結論―創造者
 の生命を生きるか、または永遠に破滅するかというニューマニスティックな問題
 が目前に横たわっている。狂奔する原子獣と、分裂して怯えきった人間が棲む、
 この地球という蛇の穴に今や一条の光がきらめいているのだ。

  それは燦々と輝く水晶の空挺から放射され、その中には、私たちの苦痛の克
 服に―もし彼らに任せるならば―援助の手を差しのべようとする、人間というより
 は神に近い人々が搭乗している。
  この事実を無視することは出来ない。この世界の土台自体が「不幸」を根底とし
 て動揺しているのに、その上無用な闘争を続ける場所などは存在しないのである。

  とにかく、おおらかな気持ちで本書を読んで頂くことにしよう。そして、この中に
 伝えられている教訓の真実性をひとつ充分に吟味して頂きたい。
                         デスモンド・レスリー
                        (「空飛ぶ円盤実見記 共著者でもある)
  


参考 『アダムスキー全集』 全10巻ほか別冊 中央アート出版社 
第1巻
a0063658_23291664.jpg

全巻
a0063658_23373516.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2009-08-06 23:59
熊本にも梅雨明け宣言。 夏本番の貴方に、澄んだ水晶の輝きをプレゼント!
昨日2009・8・4(火) ついに、熊本にも梅雨明け宣言がでました。
ところが、その直後にドーッと大雨・・・・・!?
あまりの降りにびっくりしましたが・・・・まもなく止みました。
おかげで、夜はとても涼しく、窓からひんやりした風が入りました。

加えて雨のおかげで、一昨日植木屋さんが思いきり切ってくれた
庭の木々が、うるおって落ち着きました。

これからいよいよ暑さの本番ですね。
お仕事やお体調は、いかがですか?
貴方の健康を願って、暑気をはねかえす澄んだ水晶の輝きをプレゼント・・・・・
a0063658_13272778.jpg

水晶がプリズムになって、虹もでていますね・・・・・・!
a0063658_13282659.jpg
a0063658_13292368.jpg

ご一緒に、暑さを乗り切ってまいりましょう!
[PR]
by sarah-gem | 2009-08-05 13:29