Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ともだ動物病院から、スーちゃん(スージー)が帰ってきました!
前日に母が連れて行って、不妊手術をお願いしたスーちゃんを、
今日、ともだ動物病院からいただいてきました。
「スーちゃんが待ってるだろうなー」 
     親しみやすい、とてもきれいな病院です・・・
a0063658_17362280.jpg

「さあ、入りましょう」
     先生たち、スタッフの方たちが、親切にテキパキと応対・診療を・・・
a0063658_17382599.jpg

「スーちゃんをもらって帰りながら見ると・・・  ワンちゃんを連れた方が・・・」
a0063658_17404240.jpg

「家に帰ってストーブのまえでくつろぐスーちゃんと、むこうはピョン太です」
a0063658_17405820.jpg

いつもお世話になっている猫たちです・・・
「シロ ・ ピョン太」
a0063658_17523313.jpg

「タマ 」
a0063658_17475857.jpg

「ハナ・・・・ではなくて、おっかちゃんでした」 ハナの母親
a0063658_17541542.jpg

院長先生はじめ、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます!!
スーちゃんも、おかげさまで、元気に仲間と遊んでいます。

* ともだ動物病院  日本動物病院福祉協会(JAHA)認定病院
     熊本市坪井4-11-30 TEL.096-343-9022
     詳しくは、HPをご覧ください。
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-30 18:01
熊本南パイロットクラブ(ガバナー公式訪問・11月例会)に参加しました。
よろしかったら、これまでの記事
2005・12・4   ガバナー公式訪問(宇田川様)・11月例会のもよう
2006・7・11   田中トシエ会長・クラブ10周年記念チャリティゴルフのお誘いに
2007・9・30   2007・秋のチャリティゴルフ(橋本裕子会長)の模様 1~4
2007・10・25  ガバナー公式訪問・川端千鶴様をむかえて・2007・10月例会
2008・5・18   橋本裕子会長・河野起代子次期会長(現会長)我が家に ・・・を
あわせてご覧ください。
また、リンクのPilot International をご覧いただきますと詳細がわかります。

2008・11・27(木)
熊本南パイロットクラブのガバナー公式訪問・11月例会に、参加をいたしました。
前日の26日、ルテナガバナーの新井万亀子様は、歴史ある熊本市内の先輩姉
クラブ「熊本パイロットクラブ」を訪問、会議とともに県庁訪問、熊本城の見学など
を楽しまれました。

27日夕刻、八代ロイヤルホテルにて、メンバーでお迎えし、楽しい食事と歓談。
お昼には、新井様とクラブ役員の市役所訪問と会運営の指導会が行われました。
新井様は、なんと!幼少のころ、熊本市の蓮台寺にお住まいだったとのこと!
会食のテーブルで、嬉しい思いでそのころのお話を伺ったのでした。

「ルテナガバナー・新井万亀子様に見守られながらの11月例会」
a0063658_14481329.jpg
a0063658_14482733.jpg

「現在のパイロット・インタナショナルの状況と熊本南パイロットクラブの今後について、
こまやかに、あたたかいお話と激励・数々のアドバイスをいただきました・・・・」
 新井万亀子様 略歴
  一般
   1933(S13)  満州で生まれる 幼少期を熊本で過ごす(蓮台寺)
   1956(S31)  津田塾大学英文学部に入学
   1960(S35)  津田塾大学卒業
  パイロットクラブ関係
   1991(H3)   埼玉パイロットクラブ入会
   1997~99   ディストリクトPIF代表(2年)
   1998~2000 日本ディストリクト基金委員会委員(寄付部門)
   2000~01   秋のワークショップ副委員長  クラブ会長
   2008・7月~  ジャパンディストリクト ルテナガバナー
a0063658_14513311.jpg

「会議終了のあとで、新井万亀子様を囲んで記念の写真を・・・・」
a0063658_14531672.jpg

「資料から ご紹介」
a0063658_15422397.jpg
左 Pilot Log  Fall 2008 
   表紙の写真は New PI President のDebbie Archer さん
右 Pilot International Japan District 
   写真 右上  昨年2007・10月に当クラブ訪問の川端千鶴様(ガバナー)
       左下  今年のシンボル「リリー」
       右下  2008~2009 PI日本ディストリクト役員とチーム
            前列左から3人目 新井万亀子様(ルテナガバナー)
            この中には、先年ご訪問いただいたガバナーや、熊本PC
             の先輩たちもいらっしゃいます。

ルテナガバナー・新井万亀子様のお話やご指導を伺い、またあらためて、この
パイロット・インタナショナルの活動の素晴らしさ、ネットワークのあたたかさを
熊本南パイロットクラブの一同、かみしめました・・・・・
課題を乗り越えつつ、手をとり合って力を出しあって、より良き世界にむかって
さらに前進を・・・・と胸に誓ったのでした。

新井万亀子様、まことにお忙しいスケジュールの中を、お越しいただきまして、
ありがとうございました。
また、クラブメンバーの皆さま、お世話になりまして、ありがとうございました。
            
   
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-28 15:38
熊本南パイロットクラブ(ガバナー公式訪問)に出かける時の悲喜劇!
2008・11・27(木)は、熊本南パイロットクラブ・ガバナー公式訪問および11月例会でした。
熊本市内から八代市内まで、車で1時間半ほどかかるので、今日はすこし早目に出ましょう
と、まず、ガソリン補充に、川向うの高島シェルスタンド・ハイランド子飼に行きました。

24年前運転免許を取ってから、ここ以外でガソリンを入れたことが殆どないという長い馴染み
のお店です。
そこで、ふと気になって、ここのマスコット女性「けいこさん」に聞きました。
「だいぶ前に出かけ先で後ろのタイヤがパンクしたとき、そばにいた方たちがスペアタイヤを入れ替えて下さったんだけど、すぐちゃんとしたタイヤに入れ替えたがいいと言われながら、でも、いや、結構あれで走れるはずよと聞いたりして、ずいぶん乗ってきてしまったのよ。     
今日これから八代往復大丈夫かしら?」
「わー、やめてください、あぶないですよ」
「やっぱり?それで最近変な音がゴトゴトしてたのかしら・・・・煩悶・・・・じゃ、取り換えよう!」と展開。大至急、注文して、待ちました。
その間、スタンドの2階で、はじめて『3丁目の夕日』を読みました。・・・うーん、いいなー・・・
昭和40年頃の中・高・大生の時代にもどって浸りきっていると・・・・
a0063658_14183622.jpg

「タイヤが来ましたよー。で、以前のタイヤはどこですか?」
「・・・・ん?あれが、いるの?」
「そーですよ。あれに付いてるホイールが必要なんですよ」
「えーっ・・・・・、いやー・・・・・、あれはもう要らないかと思いながら駐車場の後ろに立て
かけてあと記憶にないねー、どうしようか」
「とにかく、見にいってみましょう」と、スタンドのお兄さんが軽トラックに乗せて下さって
反対側の我が家へ。
すると・・・・自分の記憶から消えていたのが・・・・ありました!ありました!
「よかったー!」「よかったですねー!」と、また対岸のスタンドへ。
まもなく、ふたつの後輪が新しく付けかえられました。

スタンドのけいこさん、お兄さんたちは、おかしそうに心配そうに見送ってくださいました。
スタートして走り出すと、なんという走り心地のよさ、そして安定感・・・・そして安心感。
ああ、よかったー・・・・・しかし、出発と同時に、もうどっと疲れがでていました(泣笑)。

おかげさまで、昨夜は雨風にも負けず、無事に往復できました。
今朝は、高島シェル・ハイランド子飼の皆さまにお礼のご報告をしたのでした・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-28 14:18
今日は、エキサイトブログのメンテナンスでご迷惑をおかけしました。
今日、せっかくブログを訪ねてくださった皆さま、エキサイトブログのメンテナンスで、
長時間ご迷惑をおかけしました。
もう復活しましたので、また、どうぞよろしくお願いいたします。

毎日、たくさんの方にこのブログを訪ねていただき、ほんとうにありがとうございます!
・ジェモロジー(宝石)    ・エコロジー(環境)    ・ユーフォロジー(UFO)
このトリロジーを中心にさまざまの交流が広がり、さらに過去・現在・未来のトリロジー
に繋がっていきます。

11月20日(アダムスキーの記念日・11月20日の記事参照)を迎えて、新たな次の年
がはじまりました。
皆さま、今後とも、「スカイロード・リボン」の交流、よろしくお願いいたします!!
a0063658_20592250.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2008-11-26 20:59
私の「大目的」  ・・・・それは 『結ぼう・スカイロード・リボン』
ハインリヒ・シュリーマンの『古代への情熱』に励まされ、また諸々の書籍や出会いに
感動しつつ、毎日私がたどっている「大目的」への道 『結ぼう・スカイロード・リボン』。
 スカイロード・リボン ― ユーフォロジー(UFO学)をベースに展開する交流づくり
                 ブログ解説のごあいさつ参照 2005・11・13
a0063658_15241130.jpg

この絵で胸に抱えているのは ジョージ・アダムスキーの『空飛ぶ円盤同乗記』です。
a0063658_1547557.jpg
a0063658_15472079.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2008-11-24 15:39
背表紙を見るだけで、元気をとりもどす本 『古代への情熱』シュリーマン自伝
さすがに疲れたな―という時、一休みしてこれからという時、・・・・その背表紙を見る
だけで、あらたな「元気」をとりもどす本・・・誰にでも「その1冊」はありますね・・・

ここにも、自分自身にとっての「その一冊」があります。
『古代への情熱』 シュリーマン自伝 シュリーマン著 村田数之亮訳 岩波文庫 
a0063658_1325372.jpg

第1版のはしがき
 忘れることのできないわが夫が逝って、数週間したとき、その著書『イリオス』のなかに
 収められている自叙伝を、よりひろく世に普及させたいとの希望が、F・A・ブロックハウ
 ス氏から申しこされました。
 そのとき、私はこの計画はおことわりしてはならない、それを通じて、ハインリヒ・シュリ
 ーマンの生涯と仕事と、また今その突然の死によって、世界の各地に彼の同学の士や
 知人のあいだをはるかにこえて、わきおこった同情に報いねばならぬと思いました。
 私たちが、どのように手をたずさえてトロヤやミケネに仕事をはじめたか、またどのよう
 に私たちの労苦が報われたかを、この苦悩のときに思い起こすことは私にとってはひと
 つの悲しい喜びでありました。
 しかし筆の進まぬときもあるものですから、私はこのブロックハウス氏の計画の実行を、
 先年トロヤに滞在してわが夫に接していられた博士アルフレッド・ブリュックナ―氏にお
 まかせしました。博士によってこの自叙伝は補成されたものです。
         1891年9月23日    アテネにて  ソフィア・シュリーマン

本文の書き出しから
 「私はうぬぼれにかられてこの著書をわが身の上話からはじめるのではない。私の後半
 生の仕事は幼少時代の印象によって定められたこと、いや、たしかにそれらの印象の当
 然の結果であったことを、はっきりと説明したいと願うからである」と、ハインリヒ・シュリー
 マンはその著書『イリオス』の序文に書いている。
 「いわばトロヤやミケネの墳墓を発掘した私のすきとくわとは、幼少のときに最初の8ヵ年
 をすごしたドイツの小村で早くもきたえ磨かれていたといってよい。それだから、貧しい幼
 少のときにたてた大計画を、人生の秋になって実行させたその財産を、どのようにして私
 がえたかを語るのも必ずしも無用なこととは思えない」
 ・・・・・・・・

この自叙伝をくりかえし読むことで、私も、どれほど元気づけられたことでしょう。
しかし・・・・・!
幾度も幾度も読んで感激・感動したにもかかわらず・・・これを活かせていないのです(笑)。
かのシュリーマンとの大きな大きな埋めようのない違い・・・・
彼は「心に決めた大目的」のために、まず、ただひたすら「準備」をしました。
営々と働き、学び、そのときに備えて、莫大な財を蓄えたのです。

ひるがえって私は・・・
自分にとっての「大目的」は、あります!が・・・
未だ・・・・「宇宙銀行の鍵穴」を探しながら、ひたすら走っているのです・・・・(泣笑)。
・・・ゼ―ゼ―・・・そこでまた、『古代への情熱』を手に取って、元気回復をするという訳です。
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-24 14:13
連休のひとこま・・・・
庭のキンカンは、丸々と実のってきました。
かたわらの小菊も、やさしいピンクに揺れています。
a0063658_11404444.jpg

タマも、陽ざしに浮かれて、コロンコロン・・・
a0063658_11421132.jpg

ひさしぶりに、岡山から弟一家が、父の見舞かたがた訪ねてくれました。
手作りの絶品の「柿」と「干し柿」をおみやげに・・・
熊本の「ふぐ」や、「熊本城」の復刻を味わって・・・楽しかった!と・・・・
白川の流れを背景に―  すこし雨模様です。
a0063658_1147152.jpg

もう帰途につきましたが、車でゆっくりと・・・着くのは夜になるそうです。
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-24 11:52
今日11月20日は、アダムスキーと金星人オーソンとのコンタクトから56周年!
本日2008・11・20(木)は、ジョージ・アダムスキーがアメリカのデザート・センターで
UFOから降り立った金星人オ―ソンとコンタクトしてから56年目の日です。
「 アダムスキー全集  第1巻 『第2惑星からの地球訪問者』 」
   異星人との会見実録の決定版 中央アート出版社 1991年7月改訂第一刷発行
  *写真の調整がうまくできず大きすぎて・・・すみません。
a0063658_18374666.jpg

自宅上空にアダムスキー型UFO2機を目撃してから、早くも36年になるのですね・・・
(このブログ開設のご挨拶 2005年11月13日の記事とあわせてご覧ください)

本日はまた、「UFO STATION」 がHPを開設してから、6周年にあたるとのことです。
数年前に不思議な出会いをいただき、私も日々楽しい交流をさせていただいています。
UFO STATIONの皆さま、今後とも、よろしくお願いいたします!!」
(UFO STATIONのコラムに、UFO目撃を載せていただいております・・・)
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-20 18:56
今年の11月は、いくつもの節目となる座談会でした・・・!
2007・3・31 「東京八王子の座談会に参加」などとあわせてご覧ください。      

2008・11・19(水) 夕方~ 最勝支部(前・黒髪支部)七軒町地区座談会(夜の部)
「この11月の意義を、あらためてみんなで確認したことでした・・・」
a0063658_11213019.jpg


11月18日   創価学会・創立の日
11月16日   1958年(S33)11・16 熊本支部結成
                          池田先生(当時総務)初訪問
11月11日   1968年(S43)11・11 池田先生 2度目の来熊
                          田原坂初訪問 
                          大学会結成
11月23日   1994年(H 6)11・23 「最勝支部の日」
           *前身としてS53年1月「黒髪支部」結成―未曾有の会員拡大へ展開
           *池田先生より、S57・9・28 支部証「黒髪」を頂く 
           *H6(1994)6・13に、9・28を「黒髪支部の日」として決定して頂くよう
             池田先生にお願いした
           *翌、6・14に、ヨーロッパ訪問中の先生から「OK!」のご返事を頂き、
             9・28を「黒髪支部の日」として決定
           *同年9月28日に、初代からの支部長・婦人部長にも集って頂いて、
             みんなで開催 
             した第1回「黒髪支部の日」勤行会の模様をアルバムにして先生に
             ご報告
           *このアルバムに、先生から「熊本最勝支部 11月23日」の揮号を頂く
           
「来年のテーマ『青年・勝利の年』にむかってスタートです!」
a0063658_12464316.jpg
 
「SGIグラフ 2008年12月号」
フィリピンの市立マニラ大学がSGI会長に名誉人文博士号を授与(2008・10月・創価大学)
a0063658_124879.jpg
 
「世界の平和は私たちの手で!」
研修会で全世界から集ったSGIの青年部  それぞれの国で良き国民として信仰の喜びに
あふれた活動を展開し世界の平和へ希望の存在となっている(2008年・9月 東京)
a0063658_1254185.jpg
           
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-20 13:09
在福岡アメリカ領事館・首席領事 Ms.マルゴ・キャリントン 熊本へ!
とりいそぎ、この会のお知らせを・・・・

『働くアメリカのお母さんの話を もっと聞いてみよう!』 第2回
      在福岡アメリカ領事館・首席領事 Ms.マルゴ・キャリントン
  第1回目があまりにも好評だったので、2回目の開催とのことです。
a0063658_22593081.jpg

日時   H20年 12月 1日(月)  18:30開場  19:00開演
会場   パレア会議室 2 (くまもと県民交流会館 9階)
参加   45名(先着順) 22日締切  そろそろいっぱいになりそうとのことです
参加費  参加費は無料  資料代として 1000円
通訳つき

主催   キャリアウェ-ブ
お申し込み・お問い合わせ 事務局 TEL/FAX 096-343-6722
メール  wash.d.c.kyn@spice.ocn/ne.jp
     
**アメリカと日本とでは、子育てしながら働くお母さんの現状はどう違うの?
   仕事と子育てを両立し、キャリアを積み、夫と共に幸せな家庭を築きたい
   と思っているアナタ・・・自分らしく働く、または再スタートするには、など
   一緒に考えてみませんか**

私も、遅ればせながら、参加を申し込みました。
友人も、関心をもっている友達を誘って、いっしょに参加をするとのことです。
数十年前のこどもが2才~10才の頃、働き、学び、ボランティアと走り続けた、
課題は山積のあの頃・・・・こういう会があったらどんなに心強かったことか・・・
今、その只中にいて奮闘している若きお母さんたちを、応援したいと思います。
奮闘中のお母さん、それを応援したい貴方、どうぞ!ご参加ください!!!

**今回、締切で参加できなかったとき・・・・
   来年にむかって、いくつかのプランを用意しておられますので、楽しみに!
[PR]
by sarah-gem | 2008-11-19 22:52