Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧
最近の聖教新聞から  対談集『見つめあう西と東』 初の外国語版が英国から発刊 
ひとつ前の記事とあわせてご覧ください。

池田SGI会長とローマクラブ・ホフライトネル名誉会長
 対談集『見つめあう西と東』に英語版
     初の外国語版が英国I・B・トーリス社から
 聖教新聞 2008・4・23 1面右上
a0063658_12142973.jpg

写真 上 SGI会長との4度目の語らいを喜ぶホフライトネル博士。
       この日、SGI会長にローマクラブから名誉会員の推挙状
       が届けられた。(96年2月、東京・信濃町で)

写真 下 発刊された英語版対談集
 本文から 
   初の外国語版となる英語版の表題は『東と西の対話―人間革命を目指して』。
   序文の中で、ホフライトネル博士は綴っている。
    「 卓越した指導者である池田博士との対談は、文化やイデオロギー、信念の
     違いを超越し、世界が抱えるさまざまな課題に希望の火を灯すでしょう 」

   対談では、政治、経済、環境、教育をはじめ現代社会が直面する問題を地球
   規模で見つめる。
   多岐にわたる問題の焦点は「いま人類は、いかに行動すべきか」。
   二人の哲人指導者は、ともにひとつの結論に。

   「『地球革命』といっても、人間自身の変革、つまり『人間革命』が出発点であり、
   それこそが地球的問題群を解決しゆく王道である」―人間の内なる闘争と変革
   こそ、世界を変えゆく唯一の道なのである。

   ゛どうしたら、暴力の連鎖を止め、「平和への戦い」を勝利できるのでしょうか″
   とのホフライトネル博士の問に、SGI会長は答えている。
   「大事なのは、希望を捨てないことです。理想を捨てないことです。断じてあきら
    めないことです。困難な時代だからこそ、勇気と理想をより高く掲げて進みま
    しょう!」
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-26 12:36
書籍ご紹介 『見つめあう西と東』 R・D・ホフライトネル 池田大作 対談
 『見つめあう西と東』   対談        
ローマクラブ名誉会長 R・D・ホフライトネル (リカルド・ディエス=ホフライトネル)
創価学会名誉会長   池田大作 
  2005・11・18 初版第一刷発行 2006・1・2 初版第二刷発行 (株)第三文明社

 ― 人間革命と地球革命 ―
     人類が抱える諸問題と地球の未来への展望を
     西と東の叡智と行動の求人が大いに語り合った。
a0063658_1154128.jpg
 

「本文より」
池田 ― 
  どんなに高邁な理念、政策があったとしても、それを実行する人間の「人間観」
 が正しくない限り、現実がうまく進むことはありません。そこに、深き人間信頼に
 根差したリーダーシップが絶対的に必要とされる理由があります。
 すべては「人間から出発し」「人間に帰着する」のです。

ホフライトネル ―
  池田会長が提示されたようなリーダーシップについての視点を根本にすれば、
 私たちは「西」と「東」が誠実に見つめあい、いち早い出会いを果たすための斬新
 で極めて強固な基盤を、再び作り上げていくことが可能です。
 人類および自然環境にとって、このことが最も必要とされているのです。  




 
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-26 12:08
環境ネットワークくまもと事務局から「地下水の資料」をいただきました。
先日、アースデイの少しまえに、友人と一緒に「環境ネットワークくまもと」事務局を
お訪ねしたとき、「地下水の資料」をいただいてきました。

「地下水への思いやり」 と 「くまもと・家庭用節水ハンドブック」
a0063658_18485211.jpg

「地下水への思いやり」 いつかだれかが・・・ではなく・・・今日から・・・あなたが。(県・市)
  ・地下水利用の現状
  ・地下水をはぐくむ熊本地域
  ・減り続ける「かん養域」
  ・熊本地域の都市活動を支える水
  ・循環式の利用
  ・節水型の利用(例ートイレ)
  ・やってますか?あなたのオフィスで!!
  ・地下水を増やすには・・・
  ・地下水保全への取り組み
  ・熊本の水を・・・・未来に伝えよう。

「ハンドブック」   ・・・ 熊本市環境保全局地下水保全部 TEL.096-328-2111
  ・くまもと水物語   
  ・奇跡の水・くまもとの地下水
  ・永遠の天然水くまもとの地下水
  ・有限で共有の資源・地下水
  ・減っている!かん養域
  ・毎日の水
  ・水との一日いろいろ
  ・水との上手なつき合い方  
     ステップ1 節水入門編 
              ・蛇口はこまめなあけしめを
              ・洗剤は適量で
              ・水量は適量で
              ・洗濯 すすぎの前はあわ切りを まとめ洗いを 
              ・風呂 シャワーはこまめなあけしめを
              ・洗面 歯磨きはコップで
              ・トイレ 大小レバーを使いましょう
              ・散水 洗車 ホースの蛇口のこまめなあけしめを

     ** ステップ1の心がけで  1日 約196リットル
                        1月 約5.9トン(4人家族)
   
     ** ステップ2・3・・・とありますが、今日はここまで。

     ** ステップ1を守るだけでも、びっくりするほど節水できます。
         これが、全市民・全県民に広がれば、未来を大きく変えていけますね!!

4月28日(月)、H20年度・行政と市民の「節水推進パートナーシップ会議」が
始まります。
節水市民活動が本格的に動き出してから、いよいよ4年目に入ります。
「節水社会実験・7月1日~31日」も、3年目の2007年は、目標の10%減に
迫り、7%の結果をだすことができました。
さあ、今年は、どのような嬉しい結果をだせるでしょうか・・・・?!

「これまでの熊本の水保全への取り組みは『水大賞グランプリ』に実りました!」
a0063658_19285493.jpg

「2007年節水社会実験結果報告・わくわく節水倶楽部機関紙Sessui」
a0063658_19291098.jpg
a0063658_19292764.jpg
a0063658_19301747.jpg

*わくわく節水倶楽部に、ぜひ!ご入会ください。
(入会無料・情報をもらえて特典いっぱい! 熊本市水保全課へ申込)

                       


  
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-25 19:35
毎月第3水曜日は県下一斉 『熊本県ノーマイカー通勤デー』
アースデイ4月22日(火)に行われた催しのひとつに「ノーマイカー・パレード」が
ありました。(地元の新聞にも取り上げられました)

これから、毎月第3水曜日は県下一斉 『熊本県ノーマイカー通勤デー』となり、
県民が取り組んでいくことになりました。
マイカー通勤から環境にやさしい通勤への切り替えを県内全域で目指します。

―地球に、サイフに、体にやさしい通勤をめざそう―
a0063658_18234724.jpg

*熊本県では、「熊本県ノーマイカー通勤デー」の参加者を募集しています!
   対象 熊本県内の事業者、団体、自治体など。個人登録も受付。
*事業開始日 H20年3月28日(金)
*主催 熊本県
*熊本県 環境生活部 環境政策課 環境立県推進室
         TEL. 096-333-2266
         FAX. 096-383-0314
       E-mail:kankyouseisaku@pref.kumamoto.jg.jp
URL:http://www.pref.kumamoto.jp/
熊本県ホームページ掲載先
    「生活」-「環境」-「熊本県ノーマイカー通勤デー参加者募集!」

私自身が、車のことで心掛けていること・・・・信号などの待ち時間に、なるべく
エンジンを切っていることです。
空気を汚さないし、ガソリンの消費量も少なくてすみます!
どこかの国では、車が止まったまま15秒エンジンを吹かしたら「即・罰金」との
こと。
日本との違いに驚かされます。
日本・熊本でも、やってみたら? ・・・・ずいぶん空気がきれいになるでしょう!
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-25 18:42
アースウイークの催しから 26日・映画『不都合な真実』上映ほか
2008・4・6の記事「環境ネットワークくまもとからのお知らせ」とあわせてご覧ください。

4月22日(火)アースデイを中心に、たくさんの環境イベントが催されています。
明日26日(土)は、国際交流会館で、映画『不都合な真実』が上映されます。
   開場 夕方4時30分 入場無料 
これまでに、まだ観ていない方は、ぜひ!この機会にご覧ください。
環境問題に新しい視点を持つきっかけとなることでしょう。

明後日27日(日)は、白川河口でのバードウオッチング
a0063658_1812337.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2008-04-25 18:12
書籍ご紹介 『地球平和への探求』 ジョセフ・ロートブラット 池田大作 対談
『地球平和への探求』 ジョセフ・ロートブラット 池田大作 対談
    「ラッセル=アインシュタイン宣言」から半世紀
       核兵器と戦争のない未来を築いていくために
                 2006年7月3日 初版発行 潮出版社
a0063658_19293748.jpg


著者略歴
ジョセフ・ロートブラット
  物理学者。パグウォッシュ会議名誉会長。1908年ポーランドのワルシャワ生まれ。
  英国で核物理学を研究し、アメリカ政府から原爆開発の「マンハッタン計画」に招か
  れて渡米。しかし、ナチス・ドイツが原爆を製造しないことがわかると、同計画から
  離脱。戦後の「ラッセル=アインシュタイン宣言」の発表に尽力した。
  「パグウォッシュ会議」の初代事務局長や会長を歴任するなど核兵器廃絶運動を
  推進。1995年にノーベル平和賞を受賞。2005年8月ロンドンで逝去。

池田 大作 
  創価学会名誉会長、創価学会インタナショナル(SGI)会長。1928年東京都生まれ。
  創価大学、アメリカ創価大学、創価学園、民主音楽協会、東京富士美術館、東洋哲学
  研究所、戸田記念国際平和研究所などを設立。
  著作については、前の書籍紹介記事を参照。

目次より
  ・ラッセル=アインシュタイン宣言  ・ヒロシマ・ナガサキの「人類への教訓」
  ・反戦精神を培った「師弟の道」   ・マンハッタン計画の真実
  ・パグウォッシュ会議の挑戦     ・核廃絶への闘争
  ・「核抑止論」という欺瞞        ・不戦の世界を―国連と世界市民
  ・科学者の責任、宗教の使命    ・後継の青年たちへのメッセージ
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-24 19:43
H20年度・熊本県立大学・紫苑会総会懇親会 その4
同窓会終了後、陣内ヒロミさん(この日のすべての司会進行をリードして下さいました。
熊本パイロットクラブの会長、全国ガバナーでもあられました。)が、車で子飼橋を通る
からと、同方向の三木先生と私を、ありがたいことに!送って下さいました。

な、なんと、UFOのことも、車中の話題になったのです・・・

白川のほとりで、若草の緑に囲まれながら・・・・記念の一枚を撮らせていただきました。
左 文学部長・三木悦三先生  右 陣内ヒロミさん
a0063658_16355318.jpg

a0063658_16392155.jpg

思いがけないひとこまを、三木先生、陣内ヒロミさん、ありがとうございました。
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-22 16:44
H20年度・熊本県立大学・紫苑会総会懇親会 その3
「校歌斉唱」
  ・・・校歌の歌詞とメロディーに、青春の日々に戻ってしまいます!
a0063658_1623686.jpg

「母校のますますの発展を願って万歳三唱」
a0063658_16164973.jpg

a0063658_16171467.jpg


「紫苑会副会長・戸次元子さん」
  この日開場された「熊本城本丸御殿」の式典にも参加されたそうです。
a0063658_16102495.jpg

a0063658_1611991.jpg
a0063658_16112933.jpg

担当会生の皆さま方、ほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。
[PR]
by sarah-gem | 2008-04-22 16:20
H20年度・熊本県立大学・紫苑会総会懇親会 その2
「お世話になった先輩たち、同級生たちと、語らいが続きます・・・」
a0063658_15561245.jpg
a0063658_15563324.jpg
a0063658_1557137.jpg
a0063658_15572036.jpg
a0063658_15591455.jpg
a0063658_161073.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2008-04-22 16:01
H20年度・熊本県立大学・紫苑会総会懇親会 その1
2008・4・20(日) H20年度熊本県立大学同窓会「紫苑会」 全日空ニュースカイホテル
「紫苑会新旧役員の交代式」
a0063658_1526116.jpg

「学長・米澤和彦先生から、お言葉を賜りました」
  ・・・「県立大のモットーは『地域に生き、世界に伸びる』です。 県立大に定点を持ち、
     そこから世界に羽ばたき、また戻って貢献する・・・卒業生にこれを望みます。」
     とのお話に、心から感動いたしました。
a0063658_15261437.jpg

「乾杯・懇親会・・・・」
a0063658_15265181.jpg

「アトラクション 卒業生によるフルート演奏・・・・」
  ・・・「千の風になって」「風と共に去りぬ」「私のお父さん」ほか
a0063658_15272294.jpg

「担当会生による楽しいくじ引きが・・・・」
a0063658_1528076.jpg

「現在は男女共学になっています。若い方々のご参加も増えました・・・」
a0063658_15281587.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2008-04-22 15:28