Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧
原田正純先生(環境ネットワークくまもと代表) 熊日記事に。
熊本学園大大学院教授・原田正純先生のやさしい笑顔・・・写真家・吉岡功治氏撮影です。
「 水俣病と45年、魂の叫びと向き合う。柔和な中に強い信念 」・・・吉岡氏
2006・8・9(水) 熊本日日新聞夕刊
a0063658_19154693.jpg

本文(渡辺哲也)
      眼鏡の奥の温かいまなざしは、未救済のまま放置された
     水俣病患者に絶えず向けられてきた。
     「現場を見てしまった責任。医師として逃れられなかった」と
     振り返る。
      
      「新たな患者発生は終わった」とされた1961年。検診で
     現地を一軒一軒訪ね、胎児性患者の実態を解明。「胎盤は
     毒を通さない」という医学の常識を覆した。潜在患者の発掘、
     裁判での証言・・・。その後も、患者と向きあう姿勢を貫いた。

      「水俣病は人類初の経験。教科書はないはずなのに、権
     威者が定説を振りかざすから、おかしなことになった」。被害
     の全容から目を背け続ける国への批判は痛烈だ。

      水銀汚染の研究は海外にまで広がる。他分野も含めて多
     角的に研究する「水俣学」も創設した。「水俣病は100年、
     200年研究すべきテーマ。長く付き合うことですタイ」。医療
     相談で今も月2回は"原点の地"に足を運ぶ。

原田 正純 (はらだ まさずみ) 鹿児島県さつま町出身、熊本市在住。71才。
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-31 19:16
セーラ・ジェムの名の由来は・・・・「小公女」の主人公でした・・・・・・
20年前、宝石の仕事で独立開業するにあたって、屋号(店名)を何にしようかなーと
思いました。
そして、そうだ!と思いついたのが、子供の頃から大好きだった本『小公女』の主人公
の名前「セーラ」でした。

彼女のことをご存知の方は、とても多いことでしょう。
人生で早くに両親を亡くした少女セーラ。
ことに、やさしい父クルー大尉を失って、人生は突然悲劇に落とされます。
しかし、たくさんのつらい出来事を正面から受け止め、セーラは毅然と懸命に生きてい
きます。
そして、まことに不思議なめぐり合わせで、彼女は亡き父の親友に出会うことが出来、
父のダイアモンド鉱山を受け継いで、まことの『小公女』となっていくのです。
a0063658_21505572.jpg

フランス人を母親にイギリス人を父に持つ彼女はインドで生まれました。
インドの王女の名前『セーラ』SARAH を、両親は愛する娘に名づけたのでした。 
世界中でながく人々を勇気ずけてくれた『小公女』、私にとっても大切な一書です・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-31 01:55
検索して びっくり!! ・・・・・ジーンときました・・・・・・
午後から、スカイロード・リボンのジェモロジ―部門(宝石関連)に思いを集中し、
いろいろ考えていました。
見切り発車で数年前にスタートしたセーラ・ジェム・ホーム・ページを、これから
お客様により楽しんで見ていただけるものに改良したいなーと・・・・・・・。

ウーン・・・・・ウーン・・・・・・・
ちょうどそこに、HP作成の会社からTEL.が入ったりしました・・・・・・

昨年末、「HPの改良の前に、連動して自分で作成・発信しやすいブログをまず
やってご覧なさい」とアドバイスを頂き、それこそ見切り発車でスタートしたので
した。
それからのえっちら、おっちら・・・ようやくリアルタイムのブログ発信ができるよう
になりました。
 
a0063658_2115393.jpg
  
・・・・・・・・いろいろ思う中に、ふと、検索をしてみました。
以前、「熊本市 宝石店」で検索してみたとき、「セーラ・ジェム」はすぐに出てき
ませんでした。「UFO]を加えるとパッと出てきたのですが。

ところが! ところが!
今日は、グーグル検索 「熊本市 宝石店」 でセーラ・ジェム・ブログが6番目
に出て来ました。
そこで、今度はためしに 「熊本市 宝石店 信頼」 と検索してみました。
すると!なんと、1番目に登場しました!!!
嬉しくて「ジーン・・・・・・」としました。

さあ、これからますます楽しいブログを創って、皆さんに喜んでいただきましょう!
HPも、やがてもっと改善いたしますので、すこしお時間をくださいませ・・・・
   GIA(米国宝石学会)からの宝石情報シリーズ
a0063658_2144197.jpg

        * 宝石のことで「知りたいこと」、どうぞ、何でもおたずねください。
           すぐにわからないことは、調べてご返事いたしますので・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-30 21:12
今日咲いたナギの花 と 庭の緑です・・・・・
台湾ナギの花は、たった1日しか咲かないのですね・・・・・・!
きのう見ていただいた花は、もう今朝はしおれていました。
バトンタッチで、今日の花が咲きました。
a0063658_12482930.jpg

おっ! メダカもよろこんでいます!
a0063658_12491327.jpg

見回すと、小雨でほっとよみがえった庭の緑・・・・
a0063658_12521456.jpg
a0063658_1253245.jpg

しきみの枝葉もいきいきと!
a0063658_12545293.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2006-08-30 12:55
THE COURAGE TO REMEMBER勇気の証言 アンネ・フランクとホロコースト展 近日開催です。
7月28日の記事でお知らせしていました『アンネ・フランクとホロコースト展』の開催が
近づいてまいりました。
どうぞ、この 『歴史の証言』 を、ご覧におでかけください。

『THE COURAGE TO REMEMBER 勇気の証言 
      アンネ・フランクとホロコースト展         』
アメリカ・ロスアンゼルスのサイモン・ヴィーゼンタール・センターの協力を得て、開催。
a0063658_215513100.jpg

主催 ホロコースト展巡回展実行委員会
後援 サイモン・ヴィーゼンタール・センター 創価大学 創価学会平和委員会
    熊本日日新聞社  NHK熊本放送局  RKK TKU  KAB  FMK 熊本
    シティエフエム

会場 フードパル・熊本食品交流会館   入場無料

期日 2006 9月6日(水)~11日(月)
     10:00AM ― 8:30PM  初日は1:00PMから 最終日3:00PMまで   
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-29 17:23
メダカたちの頭上に、薄紫のナギの花・・・・・
連日の豪雨と雷もようやくおさまりました。
今日の空はうす曇り。
つよい日ざしがなくて助かります。

雨水利用の水槽には、ボウフラよけに入れたメダカが泳いでいます。
彼等の頭上に、今日、台湾ナギの花が咲きました。
a0063658_1451388.jpg

うす紫のやさしい花、風情はなんとも言えません・・・・
a0063658_1472563.jpg

花の足元では、メダカたちがせっせと食事をしています。
a0063658_1493243.jpg
a0063658_14101544.jpg
a0063658_14105274.jpg
a0063658_14113538.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2006-08-29 14:11
宝石の新作を拝見し、製作・デザインのアドバイスを頂きつつ、楽しい語らいが続きました・・・・・
かねてより宝石の製作・デザインなどで大変お世話になっている大手のメーカー
から、素敵なお二人にお訪ねいただきました。
最近のすばらしい新作品の数々をお見せいただき、また、リフォームのアドバイス
をいただきつつ、さまざまに話題がひろがり、楽しい語らいが・・・・・・あっという間に
時間がすぎていきました。
白蝶バロック真珠の素晴らしい品々を皆様にお目にかけたいとプランも立てました。
a0063658_135483.jpg

楽しいランチの後、白川の子飼橋の上で  セキヤさんとイケダさん
背景の阿蘇の方から、夕立の雨雲が近づいていますね・・・・・・
雨粒がポツポツ降ってきました。
a0063658_1394294.jpg

雨を知らせる不気味な風と、橋を通る大型トラックの振動に耐えながら、もう1枚。
a0063658_13155693.jpg

そのあとの大雨と稲妻と雷鳴のいかにすさまじかったことか・・・・・・!!!!!
たまらず怖くてブレイカーを下ろし、暗くなった部屋にはローソクが灯りました。
セキヤさん、イケダさん、ご遠方からありがとうございました。
それにしても怖かった!ですね・・・・・・・・・

      * * * * * * * * 
 
素敵なお二人、ともに、第一線でのお仕事をなさりながら、子育てに懸命の毎日で
いらっしゃいます。
海外・国内を駆けつつ、愛する家族のために奮闘の若き母は、まことに偉大です。

話題の中で、「最近の子供たちを取り囲む環境」の「大いなる変化ときびしさ」を知り、
あらためて大変おどろきました。
たとえば、最近の「登校下校の安全」ひとつをとっても、彼女達いそがしく働く母親も
危険防止の随行に参加しなければならず、心の休まる時がない現状とのこと。

日本を支えて働く世代( 父親も母親も )に心のゆとりがなければ、少子化改善は
まずむずかしいでしょう。
安心して子供をたくさん産める社会環境であれば、少子化問題も、老人医療費問題
も、年金問題も企業のパート勤務者増加防止も、大きく変ると思います。

このことから、3人の間で、ひとつのアイディアがうかんできました。

いま、各所で検討されている場面を、思い切って一堂に会して「公開討論会」を行う
ことは、良い打開策のひとつになるのではないかと。

教育関係の現場から、行政から、子供たちと家族、教師を目指す学生たち、マスコミ、
企業などの、関心を持つすべての分野の人々が集い、率直に意見交換をして解決を
目指す。
これからの未来をになう若いひとから、経験を役立ててもらいたいと願う年配者まで、
みんながラウンドテーブルで平等に意見を述べ、改革に参画できる・・・・!

なかなか良いアイディアだと感じますが、ご覧の皆さま、いかがでしょうか・・・・?
皆さま、よろしかったら、どうぞご意見やご感想をお聞かせくださいませんか?

      * * * * * * * *

ややっ!
またまた夕立。
雨音も雷鳴も激しくなってきました。
怖いので、失礼をして電源を切りますね・・・・・・・・
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-25 15:04
そのあと大雨・・・稲妻と雷鳴が・・・・
ひとつ前の記事の数時間あと、ようやく!夕立の雨が本格的に・・・・・・
稲妻を写真に撮ろうと、2階の窓際で、ずいぶん奮闘したのですが、
撮れませんでした。
ピカッとした瞬間にシャッターを押しても、ダメなのですね。
デジタル・カメラではなくバカチョンだったら、かえっていいのかも・・・・・
それでも、大雨のおかげで、涼しい夜となりました。
a0063658_12392986.jpg

[PR]
by sarah-gem | 2006-08-25 12:39
暑い季節、この清涼感をおたのしみください・・・・
毎日の暑さ、まだまだ続きそうですね。
こちらも、さきほどは夕立がせまって、おそろしい雷鳴がとどろきました。
でも、期待した雨はまだ降り出しません。
窓の外にゆれる木々を見ながら待っているところです。

夕立を待ちながら、一冊の本の、涼しげなクリスタル写真をご紹介します。
  『クリスタル・ブック』   著者 武藤悦子  発行所 株式会社ヴォイス
a0063658_17403243.jpg

著者のメッセージ -大地と宇宙が結晶したクリスタル。
             その、きらめきの中にこめられた
             大地の物語に耳を傾けてみませんか?-
清涼感あふれるクリスタルの清々しさ・・・・暑さが薄れていきます・・・・・

*この本はたいへん残念なことに今は絶版とのことでした。
              
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-23 17:50
30年まえ、私を宝石の世界に誘ってくれた本です・・・・
(一個のオパールに、1億数千万年の歴史が凝縮されている・・・・
青地社長さんのお話に、なつかしい本をしばらくぶりに手に取りました。)

1976年、勤めた会社は、たまたま老舗の宝石店でした。
それまで宝石にはまったく縁がありませんでした。
関心がなかったのです。
街で友人たちが、宝石店のショーウィンドウに頭をくってけてのぞいている時も、
道の反対側で待っているような自分でした。
会社の面接に行ったときも、まちがって別の老舗を訪ね、そこで教えてもらって
たどりつきました。いまでもみんなの笑い話にでてきます。

それがどうして、今のように宝石に深く入りこんで続いてきたのか・・・・・・
そのきっかけをつくってくれたのが、この本でした。
【 Gem Identification by The Inclusions 】
  A.Chikayama F.G.A./G.G.     著者 近山 晶
「 インクルージョンによる宝石の鑑別 」-顕微鏡写真とその判別法ー
a0063658_843521.jpg

初版 昭和48年   発行所 全国宝石学協会

仕事で、はじめて宝石にふれ、「なんときれいなんだろう・・・!」と感じました。
そして、職場にそなえてあったこの本を開いたとき、おどろきました。
顕微鏡で撮られた宝石の内部の写真・・・・それは美しい小宇宙でした・・・・
一個一個の中に、その宝石ならではの法則が秘められています。
「ああ、宝石のことをもっと知りたい!勉強したい!」と思いました。

お客様に喜んでいただきたいと夢中で働き、お世話になった宝石店での2年間。
思いがけない展開をいただき、東京で宝石の勉強ができることになりました。

まだ3才だった子供を両親にあずけての上京でした。
決意だけを胸に旅立った28年まえの、飛行機の轟音と振動を今も忘れません。
[PR]
by sarah-gem | 2006-08-21 09:46