Sarah-Gem Blog
sarahgem.exblog.jp

熊本市でジュエリーサロンショップ「セーラ・ジェム」を経営する伊藤和のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
About Me
熊本市在住
≪Gemology≫
1976年、宝石の仕事に初めて携わる。
1978年、国内鑑定所で資格取得。
1983年、GIA(米国宝石学会)にて Graduate Gemologist資格取得。
1986年、独立してセーラ・ジェム開業。
≪Ecology≫
ジュエリービジネスを始めて、宝石が自然の賜であり、環境保護がいかに大事であるかを痛感。ボランティアでエコロジー活動に取り組み始めた。
≪Ufology≫
1962年、高校2年の時、ジョージ・アダムスキーの「空飛ぶ円盤同乗記」を読み感動。UFOに関心を持ち始める。その10年後、UFOを目撃体験。以後、UFO研究をライフワークとする。
 セーラ・ジェムホームページ
【コメントの記入方法】
 ここをクリックしてください
【My Friends Link】
 環境ネットワークくまもと
 松下生活研究所
 苓北真珠
 小椋住宅
 白木力建築設計室
 EII教育情報研究所
 瑞鷹株式会社
 KLCC
 SGI
 UFO STATION
 Pilot International Japan
 熊本市役所
 ヘルマン ヘッセ ページ ジャパン
 日本ショーペンハウアー協会
 こころりあんBLOG
 Tozen-nana Story
 熊本綜合設計BLOG
以前の記事
最新のトラックバック
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
「もったいない」精神を大..
from ロハスな生活で健康ライフ
蛇口をこまめに閉めて節約..
from 節約暮し研究所
幼児教育の現状と対策
from 幼児教育の現状と対策
新年の挨拶です
from 小椋住宅BLOG
土砂災害
from いろいろな災害
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
ひとにやさしいまちづくり..
from 小椋住宅blog
韓国へバリアフリ-の旅に..
from 小椋住宅blog
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
満願寺窯・北川八郎先生 プロフィール
2006年6月2日(金) 北川先生(左)と小椋住宅社長さん(リンクにも) 阿蘇満願寺窯にて
a0063658_1331140.jpg


北川八郎氏  昭和19年福岡県生まれ。小倉高校を卒業し防衛大学校に入学するも
         1年未満で退学する。サラリーマン(大企業の企業戦士時代もあった)と
         なるが人生の答えを求めて退社。
         インド放浪の後、熊本県の阿蘇外輪山中に居を構え、満願寺窯で自然
         灰を上薬にしての器を創作する一方、自然農業に勤しむ。
         40日を超える完全断食を二度体験する中で、魂の存在意義、生き方の
         法則を解語。
         阿蘇大自然の中、半農ならぬ「3農7淘」の生活のかたわら、企業などか
         らの依頼で講演多数。
         
   著書   「繁栄の法則」 (致知出版社)
         「自然灰 の作り方」 (理工学社)・・・・灰の後の文字を今のところ入力
                                 できずすみません。
   講話集 「心にある力」 「断食のすすめ」 「対人苦からの開放」ほか
  * 満願寺窯のホームページあり。 どうぞごらんください。
  * 北川先生との出会い   
 数年前、デパートに行き偶然に北川先生の器展示会をみました。植物のうわぐすりでできた 器の独特の雰囲気とお話くださる先生のお人柄に感動しました。木々は なかなか手に入りに
くいとのこと。
  「それでは、梅の木が三角(みすみ)の小さな土地に何本かありますが、手入れの時に処分する枝ができたらさし上げます。」とお約束して帰りました。 帰る途中で大きな台風が吹き荒れはじめ、その夜のうちに大きな梅の木が強い海風に倒れたと知らせがあり、想定外に早く!さし上げることになりました。
  しかし、阿蘇と三角は遠く離れており、おいそがしい先生が 取りにみえるのもたいへん。さあ、どうしようかと思っていると、 なんと!梅の管理をして下さっていたご夫妻が、たまたまの 用事で満願寺窯のそばを通るとのこと。こうして、梅の木はあっというまに満願寺にとどけてい
ただいたのでした・・・・・

 そして、今回。田植え・講演・著述などで多忙な先生が椿の枝葉を取りに熊本市まで来られるのはなかなかたいへん。 私の車はビビオ・ビストロで超小型、乗りません。さーて、と 思案しているところに小椋社長さんが、台風に備えて雨戸の ことで我が家へ。
 「実はねー」と話してみると、また、なんと! 「近く、ちょうど満願寺のそばに建築の仕事ででかけますよ。乗せていってあげましょう。」 
こ、こういうことがあっていいのでしょうか・・・・・・!!  ばんざい!!

 こうして6月2日(金)、椿もまた、想定外にスムーズに阿蘇満願寺窯の北川先生のもとにとどけられたのでした。
            帰り道にゆれる花
a0063658_1892429.jpg

 阿蘇を駆け抜けた軽トラックの振動が5日までくらい残りました・・・・・

*写真の大きさ調節が上手くなくて、ごらんになりにくい方がいらっしゃると思います。
 また直してみますので、、、、少しお待たせいたします。

                    
                    
                    
[PR]
by sarah-gem | 2006-06-08 16:46